ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2017.02.10]

越智久美子&ワディム・ソロマハの金平糖パ・ド・ドゥ、大下結美花&越智友則のクララとくるみ割りの王子が素晴らしかった

越智インターナショナルバレエ
『くるみ割り人形』ワレリー・コフトン;演出・振付

越智インターナショナルバレエ、クリスマス恒例の『くるみ割り人形』。キエフ・バレエで活躍した故・ワレリー・コフトンの振付を元に、オリジナルの舞台を創り上げている。

nagoya1702ochi0513.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)

もう何度か観ているが、いつも「わぁ!」と思うのは、“花道”を使っていること。パーティに向かうお客様たちは、ここを使って演技をしつつクララの家、シュタールバウム家に向かう。バレエでは本当に珍しいこと。
少女クララの蛭間皓子、少年フリッツの小島正士を中心に子供たちも出演。イブのパーティのシーンで、くるみ割り人形を演じるのも少女で加藤子々。夜のねずみとの戦いのシーンからくるみ割り人形が越智友則に変わり、冬の松林からクララが大下結美花に変わる。雪の中での大下と越智の踊りは、さすがに伸びやかで、越智の男らしい大きなジャンプ、大下のチャーミングな魅力を持った上での滑らかさのある踊りがクララという役にぴったりで、とても良かった。
第2幕は、小さな子供たちが踊る天使たちのシーンで始まり、お菓子の国へと進む。
お菓子の国の主役、金平糖の精と王子は、越智久美子とワディム・ソロマハ。越智は、お菓子の国の女王らしい風格を持って惹きつけ、ソロマハはとても美しいパ。
ノビノビとした広がりが感じられ、“踊る喜び”が、こちらにとても自然に伝わってくるように感じられる楽しい舞台だった。 
(2016年12月27日 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール)

nagoya1702ochi1133.jpg 撮影:小林愛(テス大阪) nagoya1702ochi1140.jpg 撮影:小林愛(テス大阪)
nagoya1702ochi0958.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) nagoya1702ochi0887.jpg 撮影:小林愛(テス大阪)
nagoya1702ochi8012.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) nagoya1702ochi8045.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
nagoya1702ochi1256.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)