ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2014.07.10]
From Nagoya -名古屋-

繊細な中谷友香のオーロラ姫に引き込まれた川口節子バレエ団『眠れる森の美女』

川口節子バレエ団
『眠れる森の美女』マリウス・プティパ;原振付、川口節子;振付

いつも独創性のある創作作品を楽しませてくれる川口節子バレエ団。元々、クラシックを基礎として活動しているバレエ団だが、意外にも、私にとってこのバレエ団のクラシック全幕を観る初めての機会となった。プティパの『眠れる森の美女』を大切に細かな工夫をちりばめた演出。オーロラが3歳(長瀬柚芽)、6歳(温水心咲)、9歳(中森葵)と成長する姿を別々の子役で表現したが、なんと、驚くのはプロローグの0歳のオーロラ姫も生きた赤ちゃん(松村百萌)だったこと。川口の娘で、この赤ちゃんの母・松村一葉がロイヤルナースを演じ、抱いて登場した。泣き出すこともなく大役を務めたこの子の初舞台は0歳なんだと思うと、なんだか楽しい。

nagoya1407a_0042.jpg

そして成長したオーロラ姫を踊ったのは中谷友香。この団体で育ち、Kバレエカンパニーで活躍した経験も持つ彼女は、舞台数を多く踏んだダンサーだけが身につける輝きを持っており、品もある。小さな顔にバランスの取れた素直な身体のライン、バレエテクニックがしっかりしているのはもちろん、1幕の無邪気さ、2幕の儚さ、3幕の輝きと、きちんとそれぞれの場面に相応しい魅力を見せてくれ、とても良いプリマだと感じた。ぜひ、また彼女の踊りを観たいと思わせるダンサー。パートナー、デジレ王子を踊った碓氷悠太も、さすがにバレエテクニックも雰囲気も王子らしく良かった。
リラの精の太田沙樹は、やわらかい笑顔で長い手脚を活かした大きな踊りが印象的、対する悪の精カラボスの公門美佳は、艶やかで堂々とした踊りで会場を沸かせた。
この作品にはとてもたくさんのソリストが登場するが、それぞれの役にあった踊りを見せ、全幕を一定以上のレベルに仕上げていた。
(2014年6月7日 愛知県芸術劇場大ホール)

nagoya1407a_0024.jpg nagoya1407a_0028.jpg nagoya1407a_0055.jpg
nagoya1407a_0014.jpg nagoya1407a_0032.jpg
nagoya1407a_0037.jpg nagoya1407a_0048.jpg
nagoya1407a_0053.jpg nagoya1407a_0102.jpg
photo: 杉原一馬(すべて)