ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2012.02.10]
From Nagoya -名古屋-

多治見市の「灼熱オドリタイムス」に参加した市民たち、笑顔が眩しい舞台

振付:んまつーポス、伊藤多恵、谷ようこ「灼熱オドリタイムス2012」
多治見市文化会館

今年も多治見市文化会館主催のコミュニティダンスプロジェクト、灼熱オドリタイムスを鑑賞した。この企画は、プロとして活躍している様々な振付家を多治見市に招聘して、地元のダンサーや一般の方へとワークショップを重ねながら作品を創作、発表すると同時に、講師として参加したプロの作品も一緒に見せてしまうという大変に贅沢な企画だ。講師もヴァラエティに富んでいて、昨年までに、遠田誠、近藤良平、森下真樹、小野寺修二、山田うん、東野祥子など、著名なダンサーたちが名前を連ねている。

nagoya1202b04.jpg んまつーポス

今年は少し趣向を変えて、公募ダンサーという枠はなく、参加者ほとんどすべてが多治見市に住む普通の人々であった。講師のタイプに合わせて、多様なコミュニティから参加者を集めている点でも好感がもてた。
宮崎大学でスポーツに打ち込んでいた3人組、んまつーポスが振付けたのは、彼らと同じくスポーツ大好きな男女14名。緞帳の下から靴だけを見せ、スポーツマンの靴と足にフォーカスした『Get on your dancing shoues ver.Tajimi』。日常的な動きや運動を誇張したり、速度に変化をつけることで、運動する身体から見せる身体へのスライドが見事だった。これは彼ら自身が踊った作品『偽闘』ではさらに明らかになる。今回のテーマは格闘技。ボクシングや空手を想起させるシンプルな動きを繋ぎながらも、よりデフォルメすることによって、拡張した身体と動きの面白さを伝えるのに成功していた。
『ホンデモ オマハン 元気だしゃあ〜』を振付けた谷ようこは、ウィリアム・フォーサイスのアシスタントディレクターを務めるトニー・リッツイーの作品に出演するなど西欧での活躍が目立つバレエダンサーだ。
一般公募で集まった中学生からシニア世代までの約20名が参加していた。様々な経歴をもつこのチームの特徴は、ダンスが始めての人でも参加できるシンプルな構成を多用する一方で、バレエやバトンなど、各人の経験を盛り込みつつ、構成しているところだろう。誰もが純粋に踊りを楽しめるような振付になっていた。谷自身の作品は自己言及的なソロ『?!日』。真っ白な衣裳を脱ぎ着して小道具的に使用したり、宅急便が届いて両親のメッセージが流れてきたり。ちょっと叙情的になり過ぎた感じもするが、海外で場数を踏んだ踊りのエネルギーはダンスを始めてみる観客にもストレートに伝わっていたと思う。

nagoya1202b01.jpg 『走る街』

ラストはダンスシアター他動式を率いる伊藤多恵振付の『さいた、さいた』。この作品のユニークさはひとつのコミュニティ、ながせ商店街の人たちを丸ごと舞台に乗せてしまったこと。日常の出来事がそのまま舞台で展開されるとあって、誰もが本当に生き生きしてみえた。
前半は、参加者に特徴的な動きをみんなが真似して、何度も繰り返しながら舞台を横切るだけのとてもシンプルな構成。だがそこにはお店を切り盛りする店主のキャラクターが滲み出ていて、会場は終始爆笑の渦。後半ではお店の紹介テープが流れて商品のPRも忘れない。商店街の人々のコミュニケーションを円滑にするとともに、商店街のPRにもなってしまうという、まさにコミュニティダンスのエッセンスを盛り込んだ作品だった。プロ作品は、愛知出身のダンサー公門美佳も出演した『走る街』。グレーのスーツ姿の女性3人が、踊りながら舞台を自在に行き来し、プロのダンサーの動きの美しさと動きの多様性を見せた。同じく、日常的な動きを素材にしたとしても、どの身体で踊るかによって、これほどに違って見える。観客はその違いをも楽しんだのではないだろうか。
(2012年1月22日 多治見市文化会館大ホール)

nagoya1202b02.jpg スポーツ愛好家 nagoya1202b03.jpg ながせ商店街
nagoya1202b05.jpg 谷よう子 nagoya1202b06.jpg 谷よう子公募ワークショップ作品