ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

上野 茂 text by Shigeru Ueno 
[2011.04.11]
From Nagoya -名古屋-

越智友則を主軸に上田遙が振付けた「赤と白と黒の世界」

振付:上田遙『3elements ~ 赤と白と黒の世界を踊る』ほか
中部にバレエを育てる会 名古屋シティバレエ団
nagoya1104a01.jpg

越智インターナショナルバレエを中心に構成される名古屋シティバレエ団が毎年開催している「中部にバレエを育てる会」。27回目となる今回は、名古屋市芸術創造センターのサポート公演に認定され、新たな広がりを見せた。
その第1は国際的コレオグラファー(振付家)上田遙の参加。第2はジャズダンス舞踊団が公演の輪に加わったことだ。

上田は2009年、名古屋市民芸術祭の主催公演『戦国バレエSHIRO』を振付けけ、日本人のDNAを揺さぶるドラマチックな舞踊劇を構築。観客を熱く魅了した。その作品で若き侍大将を演じたのが越智友則だった。
今回、上田は友則を主軸に置き『3elements ~ 赤と白と黒の世界を踊る』を創作。情熱的な赤(フラメンコ)、ロマンあふれる白(バレエ)、そして欲望とエロスに満ちた黒(タンゴ)の世界を描出した。

nagoya1104a02.jpg

友則は3つの世界の主人公としてシャープなソロでアンサンブルをリード。7つの舞踊団から選抜されたのべ38人のダンサーが、それぞれの世界を情感豊かに体現。越智久美子とワディム・ソロマハの黄金コンビは赤、黒の世界で鮮やかなペアリングを見せ、観客を熱狂させた。
『3elements』に先立ち行われたグループ別のステージでは、初参加のスタジオM、名鶴ひとみステージングダンスがビート感あふれるダンスを展開。バレエファンに〝ジャズ〟の魅力をアピールした。
今回のステージの興奮と高まりを、ぜひ次回公演にも引き継いでほしいものである。
(2011年3月19、20日 名古屋市芸術創造センター)

nagoya1104a03.jpg nagoya1104a04.jpg nagoya1104a05.jpg
nagoya1104a06.jpg nagoya1104a07.jpg nagoya1104a08.jpg
nagoya1104a09.jpg nagoya1104a10.jpg nagoya1104a11.jpg

撮影:テス大阪
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。