ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2009.07.10]
From Nagoya -名古屋-

ジャンルを超えて弾けるダンサーたち DANCE COMPANY UNICORN

高宮直秀、宗岡雨音 振付け『~空の恵にて大地はうるおう~』 
豊嶋陽子 振付『Norwegian wood』
プティパ 振付『眠れる森の美女より』オーロラ姫(渡辺美咲)王子(秋定信哉)
KOU 振付『DISCO』
高宮直秀 振付、宗岡雨音 構成・演出『Forest』
DANCE COMPANY UNICORN

DANCE COMPANY UNICORNは、毎年、名古屋市芸術創造センターを舞台に合同公演形式のユニークな公演を行っている。バレエ、コンテンポラリーのみらなず、ストリート・ダンスや民族舞踊まで登場するこのパフォーマンスには、ダンスをジャンルで隔てるのではなく、様々な踊りに同時に触れて欲しい、距離感のない舞台でパフォーマーと観客が共にダンスで楽しんで欲しいとの、主宰者・宗岡雨音の想いがある。
今年の公演のオープニングでは、真っ赤に照らされた舞台上に黒マントに黒頭巾、さらにマスクまで装着した男性がずらっと並び、一見仮面ライダーのアトラクションに来たのかと見間違うほどの驚きの幕開けをみせた。
 

nagoya0907b03.jpg

毎年、UNICORNで力を入れて取り組んでいるのが、日本人による日本人のためのバレエ作品の創作だろう。今回のORIGINAL作品は、宗岡雨音と高宮直秀の共同振付による日本の風景を舞台とした「~空の恵にて大地はうるおう~」。
男性ダンサー9人(秋定信哉、大寺資二、森充生、高宮直秀、水野陽刈、碓氷悠太、梶田眞詞、北川優佑、樫野隆幸)と女性3人(須山仁美、山田繭紀、宗岡雨音)が出演。日本の笛の音や太鼓のリズムに合わせて、日本的な情緒の世界を描き出そうとしている。
バレエのテクニックではみられない内股の動きや、地面をたたきつける土着的な振付も見られたが、男性ダンサーたちのそれぞれのテクニックの見せ場の自信に満ちた弾けるような踊りとは対照的に、何だか自信なさげな表情が残念。これだけの男性ダンサーが揃っての稽古は時間的に無理があるというのは想像にかたくないが、やはりどんな場面でもプロのダンサーの踊りを見せて欲しい。
 

nagoya0907b06.jpg

今回唯一の古典バレエによるグラン・パ・ド・ドゥ。は、渡部美咲と秋定信哉の『眠れる森の美女』。登場した瞬間、会場に張り詰めた緊張感は、プロのダンサーの存在の強さを物語っているようだ。役に没頭した渡部は楚々とした表情で、華奢で初々しいオーロラを印象づける。揺るぎのない明瞭なポジションワークに加え、身体全体から溢れ出す王子への情感、それに応えるように的確にサポートする秋定、2人のパートナーシップもまた印象的だ。さらに地元の宮原あゆみがリラの精で、大久保睦子、下村芝布、高村麻友香、植杉有希が宝石役で、伸びやかな踊りで2人のパ・ド・ドゥに華を添えた。

nagoya0907b01.jpg

また、毎年参加するストリート・ダンスのCHAKRA STYLEによる『DISCO』は、(振付・KOU、サウンド・KOU、U-1)は、ストリートの動きやスピリットをベースにしながらも、今日的なテーマで意識的に「見せる」作品を創作。男女11名のダンサーを未来のロボットに見立て、彼らの壊れていくさまをしたたかに、時には大胆にみせていく。それは機械化されていく現代社会へのアンチテーゼにもみえるし、不変などありえないというメッセージにも思える。
機械的なロボットの動きを、関節をずらしたり、スライドさせたり、波打たせたりするようなヒップホップのテクニックで構成しながらも、そこに、オリジナルの動きも組み入れ、ロボットの表情に人間らしい哀愁が漂う。11人のダンサーのスピード感の伴うぴったりと揃った動きと、群舞でのズレの面白さが絶妙。
最後に床に倒れるロボットたちの姿の奥に荒涼とした未来の地球が見えたような気がした。

ほかにも、アンサンブルによるバレエほか、地元のフラによる和やかな作品や、黄貞愛による韓国の伝統舞踊のソロの舞、豊嶋陽子の振付によるコンテンポラリー・ダンスなどが並んだ。アンコールもまたオープニングの男性ダンサーが登場して、吉本ばりのコメディシーンを見せ、観客を巻き込んで大盛り上がり。王子を演じることが多い彼らのズッコケぶりは楽しく、いつもとは全く異なる表情を見せるパフォーマンスに、会場には終始笑いが絶えなかった。

nagoya0907b02.jpg nagoya0907b04.jpg
nagoya0907b05.jpg nagoya0907b07.jpg

(2009年6月14日 名古屋市芸術創造センター/撮影:杉本一馬)