ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.12.10]
From Osaka -大阪-

矢上恵子振付のコンテンポラリー・ダンス&「クララの夢」

 大阪市主催で、青少年が様々な芸術文化に触れ、豊かな感性を養うことを目的に行われている事業、青少年に贈る舞台芸術鑑賞会「バレエ」。高校生以下なら1000円で観ることができるので、これまでバレエの舞台に触れる機会のなかった若者も、気軽に本格的なバレエを楽しむことができる。
 松田敏子が芸術監督をつとめ、ISAバレエスクール、MRB松田敏子リラクゼーションバレエ、北山大西バレエ団、K★チェンバーカンパニー、バレエスタジオミール、法村友井バレエ団、レイグランバレエ(50音順)の指導者やダンサーが集っての舞台で、昼、夜二回の公演が行われた。

 幕開きは、矢上恵子振付のコンテンポラリー・ダンス『Bourbier』。今年のヴァルナでシニア3位を獲得した福岡雄大が、その時踊ったのがこのなかのソロの部分。同じ作品で矢上恵子が振付賞を受賞している話題の作品だ。今回、福岡がそのソロを含むパートを踊り、20人ほどで迫力ある舞台になった。 
 メリハリと滑らかさのあるダンサー達は全員の動きが研ぎ澄まされていて否応なく引き込まれる。そして、そんな動きの魅力だけでなく、人が生きていく上での、どうしようもないことへのもがきや、そこからの精神的な脱出──昇華のようなものが描かれ、何度も観ているがやはり観て心地よく、ダンサーも作品もレベルが高いことを再認識した。


 続いては、『クルミ割り人形』より「クララの夢」。昼公演は、法村珠里が金平糖の精、法村圭緒が王子という兄妹での主演。ちょっとおきゃんにも見えるほど溌剌と明るく輝く金平糖と繊細で落ち着いた優しい魅力の王子。2人がそれぞれ学んだ、ボリショイとワガノワの特徴の違いにも近いような個性を感じた。
 夜公演では、吉田千智が金平糖の精、『Bourbier』でも活躍した福岡雄大が王子。こちらのカップルは、長い手脚を柔らかく使った優しげな魅力の金平糖、高度なテクニックで伸びざかりを感じさせると同時にノーブルさもかいま見せ、コンテンポラリーとはまた違った魅力の王子で華やかに幕を閉じた。

 ちなみにここで、おめでたいニュース。この公演の少し後、11月9日(日)に、芸術監督をつとめた松田敏子が小嶋直也と結婚。幸せなケーキカットの写真が届いた。
(2008年10月19日 大阪国際交流センター)