ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.09.10]
From Osaka -大阪-

第10回の節目を迎えたMRBバレエスーパーガラ

 今年、記念すべき第10回目を迎えた「MRBバレエスーパーガラ」。松田敏子のプロデュースで、関西に縁の深いダンサーを中心に、全国、世界で活躍するダンサーを集めたこのガラ、大阪の夏のバレエ・イベントとして根付いて来た感がある。
 

撮影:テス大阪
 この舞台の芸術監督でもある漆原宏樹振付の群舞『燦』で、華やかに幕あけ。まず最初のグラン・パ・ド・ドゥは竹中優花と武藤天華による『眠れる森の美女』より。2人ともノーブルで優しげで華やか、パもきれいで息も合っており、お姫様と王子さまそのもの。上田尚弘が踊った『エスメラルダ』よりヴァリエーションは、軽さのあるテクニックに加えチャーミングな魅力も。続いての福田圭吾の『海賊』第1幕よりランケデムのヴァリエーションは、身体全体の美しいラインが見えて良かった。川東まりこと桑田充の『白鳥の湖』より黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥは、アダージオでの物語表現が少し弱いかと感じたが、コーダではイキイキと盛り上げた。
 次は、田中ルリと沖潮隆之の『ジゼル』第2幕のパ・ド・ドゥ。田中ルリの創る霊的な雰囲気にパートナーの沖潮隆之も引き込まれるように、2人で“ジゼル”の物語世界を創り出していた。そして次には、ウヴェ・ショルツ振付の『Cello Sonata』を、元ライプツィヒ・バレエの横関雄一郎と西田佑子が踊った。2人の創りだすどこまでも伸びていくようなラインはとても美しく、滑らかで優しい動きに魅了された。成澤淑榮とイルギス・ガリムーリンは、ロシア民謡にのせたコミカルな『カドリーユ』で楽しませてくれた。
 そして、主催者でもある松田敏子は梶原将仁をパートナーに『タリスマン』よりグラン・パ・ド・ドゥ。華奢な松田と体の大きな梶原との体型の違いが、天上の女性と人間との違いのイメージにも合い、多彩なテクニックの振りもよく生かされていた。福谷葉子は望月則彦振付の『Blue Tango』、何かに悩み探すような大人の作品だ。美しいダンサーである彼女、最近それに加えて客席に伝える表現力が増しているように思う。福岡雄大の『ダイアナとアクティオン』よりヴァリエーションは、鮮やか!と叫び声が出そうになるほど、伸びやかなテクニックが気持ちよく次々と決まる、彼はどんどん強く輝いてくるようだ。第1部の最後を締めくくったのは、美和礼加と大柴拓磨による『海賊』よりグラン・パ・ド・ドゥ。少しオーバーなくらいの気持ちを込めた演技を見せる大柴、ダイナミックでなおかつ美しい動きはさすが。美羽もいつも以上に柔らかく、ジャンプではフワッとした曲線を見せて品を感じさせた。
撮影:テス大阪

 第2部は、ちょっとコミカルな『ソワレ・ミュージカル』を大森結城が踊ってスタート。国田美和と逸見智彦が中心となって踊った『バヤデルカ』より影の王国の場面は、しっかりとしたテクニックを持って踊る人たちなのでまだ良いものの、このシーンにしては、照明が明るすぎるのが気になった。国田がこういった白いバレエを踊るのは珍しいと思うが、彼女の持つ凜とした強い雰囲気はニキヤの芯の強さに通じるだろう。
 谷吹知早斗と石川愉貴の『flow beat』、2人のシャープさと柔らかさのメリハリが効いた知性を感じさせる動きが、センスの良く感じられた。森優貴振付『前奏曲』を踊ったのは、渡部美咲と貞松正一郎、セルゲイ・ラフマニノフのピアノ曲にのって、さまざまなことがあるなかで手を繋ぐ男女──何かを積み重ねようとしながら生きていく夫婦の姿を見るような気がした。
 柳原麻子と法村圭緒の『グラン・パ・クラシック』のグラン・パ・ド・ドゥは、柳原の明るく伸びやかで華やかな気品と、法村の美しいバレエテクニックにたくましさが加わった魅力。法村珠里と山本隆之を中心とした『ドン・キホーテ』のグラン・パ・ド・ドゥは、ガラだからこそできる組み合わせかも知れない。ロシアの明るい性格の若手バレリーナを思わせるキトリと、優しく気品あるバジルで良かった。
 最後は創作作品が2つ。西島千博振付の『NEO BALLET ~くるみ割り人形より~』は、聞き慣れた『くるみ割り人形』のグラン・パ・ド・ドゥの曲にのせて、赤いワンピースに身を包んだおもちゃのようなクララ(西田佑子)、王子(西島千博)、ドロッセルマイヤー(大柴拓磨)、くるみ割り人形(山本庸督)の4人が繰り広げる楽しく可愛い作品。そして、矢上恵子振付の『Fee×6』も、チャイコフスキーの3大バレエのひとつ、こちらは『眠れる森の美女』の妖精の曲を使って。矢上がリラのイメージで、上田尚弘、福岡雄大、福田圭吾、秋定信哉、梶原将人の6人が迫力を持って踊った。
 フィナーレでは出演者全員から、主催の松田敏子にプレゼントが。あたたかい雰囲気で幕を閉じた。
(2008年8月3日 グランキューブ大阪)

撮影:テス大阪