ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.09.10]
From Osaka -大阪-

K☆チェンバーカンパニー『クラシックバレエとコンテンポラリーダンスの夕べ』

 矢上香織、久留美、恵子の三姉妹が主宰するK☆バレエスタジオを拠点とするK☆チェンバーカンパニーの公演。今年も多くのメンバーが数々のコンクールでの入賞したニュース、なかでもヴァルナ国際コンクールで所属の福岡雄大が男性シニア第3位、彼がファイナルで踊った作品で矢上恵子が振付賞に輝いたというホットなニュースに湧くなかでの公演だった。
 最初の演目は『パキータ』。パキータの吉田千智は長い手足でスタイルがよく、柔らかさや優しい雰囲気も持っていて、まさに“エトワール”という感じ。リュシアンは福岡雄大、スケールが大きく伸びやかなテクニック、正確な回転は観ていて気持ちが良い。数年前に比べて品も感じられるようになった気がする。ソリストやコール・ド・バレエもそれぞれ一定以上のレベルのダンサーたちで、群舞としての美しさも見せてくれた。
 2つ目の演目は『マスカレード』、ハチャトリアンの曲に矢上久留美が振付けしたもの。華やかな仮面舞踏会、多くのダンサーが同時にピルエットやアチュチュードターン、イタリアン・フェッテといった技を見せるのは鮮やかで、テクニックに長けたダンサーが多く育っていることをつくづく思う。
 

(c)“STUDIO URANUS”

 そして、3つ目は矢上恵子振付の『展覧会の絵』。昨年の4月に倉敷のイベントで生オーケストラとともに初演された作品を手直ししたもの。現代社会への危惧を表現したこの作品、秋定信哉が狂言回しのような役割を果たし、ムソグルスキーの曲のそれぞれの部分に合わせて、さまざまな年代のダンサーたちが一つ一つの世界を踊り描いていく。スピーディでキレのある、このカンパニーの主要ダンサーたちの迫力ある踊りの魅力はもちろん、女性達は、ここでもトゥ・シューズを履き、クニャクニャとした独特の動きをこなすなどしていたのも印象に残った。セーラー服と学生服のジュニアたちのいじめを題材にしたようなシーンがあったり、小さな子供たちが白いブラウスに紺のスカートやズボン、白いチューリップ型の帽子(タマゴの殻のイメージだそう)に赤いランドセルに黄色のランドセルカバー(タマゴの黄身のイメージだそう)で踊る可愛らしいシーンがあったりとテーマをしっかり据えながら決して飽きさせない構成。現代の状況を見下ろす“神”は山本隆之、大きく動くわけでなくても人を惹きこむ存在感はさすが。最後には、清らかな壮大な“救い”が感じられたような気がした。
 この作品が終わりフィナーレかと思っていると、『展覧会の絵』の枠から前に歩み出る男性──福岡雄大だ。プログラムにはなかったサプライズ! ヴァルナで受賞した『Bourbier』をここで披露してくれたのだ。悩み、もがきながら少しずつ立ち上がり、自らの体を激しく叩き、そして最後はスクッと立って体の前の空中で“何か”を大切そうに丸めて空に返して天を仰ぐ。内面からあふれ出るものがこちらに伝わってくる踊りだった。
 フィナーレでは、矢上恵子にメンバーたちから一本ずつ花がプレゼントされ、感動的に幕を閉じた。
(2008年8月16日 吹田メイシアター)

(c)“STUDIO URANUS”