ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.05.12]
From Osaka -大阪-

黒いチュチュのコッペリアが印象的ーーカンパニーでこぼこ『コッペリア』

 カンパニーでこぼこの5回目の公演は、第1回公演で上演された『コッペリア』の再演。
 プロローグ、薄明かりの中、黒いチュチュ&ブロンドヘアーのコッペリア人形に、よろよろとコッペリウスがハタキをかけているところから始まる。黒いチュチュのコッペリアというのは、他の団体ではまずないように思うが、怪しげな人形を愛する老人を描くにはとても合っているように感じられ、そしておしゃれ。

 スワニルダ&フランツは、1回目と同じ西田佑子と脇塚力。脇塚のチャーミングな魅力にフランツという役柄はとてもよく似合い、今回も演技力たっぷりに舞台を盛り上げた。前回と見比べてその変化が興味深かったのが西田佑子、約4年前の前回は可愛らしくて現代の少女らしいーーという印象だったのだが、今回は、前回同様に演出の特徴である現代っ子らしさは残しつつも、にじみ出る優しげな透明感やラインの美しさーー質の高い踊りにひきこんでくれた。加えて、2幕の人形ぶりでのさまざまな踊り、ジーク人形での脚裁きなどは思わず自然に拍手してしまうような軽やかさ、主役として何まわりも成長してるのが感じられた。

西田、脇塚西田脇塚

 全体にテンポの良さのキーになっているように思えるコッペリウス(郷原信裕)の飄々としたキャラクター、ちょっとおっちょこちょいっぽくて人が良く、落ち込むスワニルダを一生懸命慰める市長(松原博司)、そして4組のカップルの友人たちなど脇も充実。3幕では、投げられたブーケを受け取った友人がカップルで「結婚の踊り」を踊るなど、スマートに流れていく脇塚の演出は観ていて心地よかった。
(2008年4月6日 いたみホール)

西田郷原西田
西田、脇塚西田、脇塚