ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.03.10]
From Osaka -大阪-

アルティ・アーティスト・プロジェクト第4回舞踊公演『カルメン』他

 京都府立府民ホール“アルティ”のプロジェクトとして、様々な所属及びフリーのダンサーたちが集って公演を行うアルティ・アーティスト・プロジェクト(A.A.P.)。その4回目の公演が行われた。芸術監督は第一回から望月則彦。

 今回上演されたのは2作品。共に望月の振付で、はじめの『ナニゴトもなかった日々』は、誰もが知っている曲ヴィヴァルディの「四季」にのせ、あるバレエ稽古場の日常を描いた作品だった。一人の男の子(村田周平)に、複数の女の子たち(原美香、石田絢子、斎藤由佳、宮澤由紀子、他)が夢中になる姿がコミカルに描かれていて、肩の力を抜いて楽しむことが出来た。ラスト、男の子がいい気になっているところへ、もっとカッコいい男性(クードリャ・アンドレイ)が現れ、女の子たちがみんなそちらを追いかけていってしまう終わり方も微笑ましい。

 そして『カルメン』。カルメン役はダブルキャストで、2日昼と3日を中西貴子、2日夜を福谷葉子。ホセを東京バレエ団の高岸直樹、スニカをクードリャ・アンドレイ、エスカミリオを桑田充。50分ほどの作品で、詩的にエッセンスが凝縮された感じ、カルメンとホセを徹底的にクローズアップした演出だ。
 幕開け、板が組まれた合間から、無数の手が客席に向かってうごめいている光景は、薄気味悪さをたたえ、これから始まる物語を暗示しているよう。登場するカルメンは白のロングドレス、この清純に見える“白”のドレスの内側は情熱的な“真紅”ーー脚を上げる度にその情熱の“真紅”が印象的に眼に入ってくる。この日のカルメン役は中西、長身で表現に迫力がある彼女、圧倒的な存在感を見せる高岸とも堂々と踊っていた。そして、高岸はさすがに苦悩などホセの想いを全身で深く表現ーーそのどうしようもない感情が強く客席に伝わってきた。

『カルメン』中西貴子、高岸直樹

 作品全体から感じられたのは、気取りのない迫力ーー“カルメン”というとバラをくわえてカッコよくといったイメージもあるが、そんなヤワな美しさカッコよさというよりも、生死に関わる“想い”のぶつかり合いの迫力があった。見終わった後、カルメンという女性は単に何者にも束縛されたくなかっただけなんだ、きっとーーそんな風に素直に当然のようにカルメンの気持ちにうなづける気がした。
(2月3日 京都府立府民ホール“アルティ”)

福谷葉子、高岸直樹福谷葉子