ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.01.10]
From Osaka -大阪-

石川愉貴の新演出、アートバレエ難波津『くるみ割り人形』

 9年ぶりに『くるみ割り人形』を上演したアートバレエ難波津。前回はパリ・オペラ座出身のJ.Pコメリ演出での上演だったが、今回は新たな演出をこのバレエ団の石川愉貴が手掛けた。
 印象に残った特徴は、まず、主役マリー(谷吹知早斗)の叔母・マウゼリンクス夫人(石川惠己)の存在。マリーが苦手だと感じている礼儀に厳しい叔母という設定で、そのマリーの思いを反映するように、夜のシーンでは、ねずみを率いる闇の女王マウゼリンクスとして登場する。主宰者である石川惠己の存在感は、この役柄にこれ以上ないほどピッタリと合い、目の前で誰もの背筋が自然に伸びてしまうような威厳がとてもリアルに伝わってきた。なかなかこの雰囲気は、他の人には出せないだろう。
 また、戦いの場面で、マリーはくるみ割り人形の剣に、応援の気持ちを表すように自分のリボンを結ぶのだが、お菓子の国から戻って来て、誰に話しても信じてもらえない中、くつ下に入ってツリーに吊されたくるみ割り人形を取り出すと、そのリボンがついていて、にっこりするというのも可愛らしい演出。

 2幕のグラン・パ・ド・ドゥもヴァリエーションの振りまでオリジナル。マリーはチュチュではなく、上着を脱いだ状態のしなやかなワンピース姿で王子(石川愉貴)と共に踊るのだが、滑らかな柔らかさが大切にされた振付で、谷吹の流れの美しさをよく活かしていた。彼女は主役を踊る回を重ねて、人を引きこむ華やかさや優雅な表現力が増している気がする。また石川も優しい品の良さが王子としてとても魅力的だった。
 他にも良いダンサーが多かった。雪の女王の行友裕子は、美しいスタイルで透明感もあり、2幕、西岡正弘と踊ったアラビアではピュアななかになまめかしさもみせた。香西秀哉と共に中国を踊った内藤夕紀は、とても可愛らしく中国のリズムをさらに楽しくしてくれた。
 そして、いつも思うことだが、コール・ド・バレエの隅々までバレエの基礎がしっかりしているのもこの団体の魅力。雪や花のワルツの見応えも充分だった。
(11月25日 大阪厚生年金会館大ホール)