ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.01.10]
From Osaka -大阪-

『くるみ割り人形』を中心に、クラシカルバレエシアター公演

 6回目のクラシカルバレエシアター公演は、2つのグラン・パ・ド・ドゥと『くるみ割り人形』全幕。
 まず、はじめは池田麻由子と青木崇の『海賊』第2幕よりグラン・パ・ド・ドゥ。青木は気持ちを込めていることが感じられる踊りで技術力も素晴らしい。池田は、これから期待の若手、身長もありテクニックも日々伸びているところなのではないだろうか。
 次に原美香と沖潮隆之の『エスメラルダ』のグラン・パ・ド・ドゥ。原の強い視線の演技、よく練られた表情の変化はさすがにベテラン。沖潮のチャーミングな表情とで独特の雰囲気をつくりあげていた。
 そして『くるみ割り人形』、クララは佐野舞、ちょっとお転婆な感じの笑顔いっぱいのクララだった。王子はアンドレイ・クードリャ、2人で雪の中ではしゃぎまわるシーンは、とても明るく楽しそうでクララが少女であることをあらためて感じさせる。雪の精たちのコール・ド・バレエもよく揃っていて良かった。2幕、キャンディ・ボンボンの音楽では、それまでに踊ったスペイン、アラビア、チャイナ、トレパック、芦笛ーーーといったディベルティスマンのカップルが仲良く踊り盛り上げ、花のワルツやグラン・パ・ド・ドゥに繋いでいった。
(12月8日 びわ湖ホール中ホール)
佐野舞、沖潮隆之佐野舞、アンドレイ・クードリャ
プロローク山口章、田中規子、佐野舞
佐野舞、クードリャ、沖潮隆之2幕