ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2007.11.12]
From Nagoya -名古屋-

ナゴヤ・テアトル・ド・バレエ公演 深川秀夫版『シンデレラ物語』

山本 美樹子(継母)、南部 真希(義姉)、
青木 里英子(義妹)、
アンドレイ・クードリァ(ダンス教師)

 自らのバレエ団だけではなく、地域に貢献できる舞台づくりを、という主宰の塚本洋子の呼びかけにより、バレエ団に所属していないダンサーにも出演の門戸を開いて注目を浴びているナゴヤ・テアトル・ド・バレエの公演が今年も開催された。
 取り組んだのは、昨年の『ダフニスとクロエ』に続いて愛知県出身の振付家・深川秀夫の『シンデレラ物語』。ペロー原作の童話を題材に、『ロミオとジュリエット』と同じくプロコフィエフの音楽で著名なバレエ作品だ。
シンデレラを演じたのは、バレエ団のベテランダンサー後藤彩水。後藤の儚げで繊細の雰囲気は、けな気で純粋無垢なシンデレラにぴったりで配役の妙。この作品の見所のひとつともなっている異母兄弟によるいじめの場面、この冒頭のシーンで鋭くテクニカルな動きと、表現豊かな演技で大活躍を見せたのは、姉役の南部真希と青木里英子、そして破天荒な継母を演じた山本美樹子だ。アシュトン版などのように女装をした男性が、継母や姉を演じることでコミカルに見せていく演出も面白いが、等身大の女性が演じると、やはりリアルで、物語がとても自然に見えてくることにあらためて気づかされた。
そのシンデレラをいじめる姉や母たちの描写が、深川版ではマイムでというより、連続した動きの中で演じられていく。物語バレエにありがちな、演技と踊りの分離を否定するかのように、深川作品では、すべてがまさに踊りで表現されているのだ。
 

後藤 彩水(シンデレラ) 後藤 彩水(シンデレラ)、
大寺 資二(王子)


やがてシンデレラの家を訪れた老婆が美しい仙女へと変わると、四季の妖精が集められ、贈り物として与えられたのはシンデレラがあきらめていた舞踏会への仕度だ。仙女の山崎有紗は、昨年よりもぐっと成長して、作品を通してシンデレラを見守る美しい仙女役を強く印象づけた。四季の妖精の踊りや、妖精たちのコール・ド・バレエも流麗で優雅だ。
王子の大寺資二はいまや深川作品には欠かせないダンスノーブル。深川の振付を知り尽くした王子がパートナーをサポートしていく姿が、そのままシンデレラと王子の姿に重なる。後藤も確実なテクニックに加えて、さらにその表現に磨きをかけ、全幕の舞台を見事に踊りきった。
総合芸術であるバレエに欠くことのできない美しい舞台美術と照明、それらを融合させて、深川はこの『シンデレラ物語』でも、息もつかせぬ動きのスピーディな展開と女性らしい振付を追及することで、現代の感性にも訴えることの出来る独自のバレエ世界を創り出した。

 

後藤 彩水(シンデレラ)後藤 彩水(シンデレラ)、
大寺 資二(王子)
後藤 彩水(シンデレラ)、
大寺 資二(王子)、
山崎 有紗(仙女)


 

(2007年10月20日、愛知県芸術劇場大ホール)