ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2007.10.10]
From Osaka -大阪-

魔法の仕掛けも楽しい地主薫バレエ『シンデレラ』

高木美沙

 セルゲイエフ版を元に、地主薫が改訂振付して上演された『シンデレラ』。シンデレラの粗末な服が風に飛ばされるようにドレスに変わる魔法のところなど、仕掛けの工夫も鮮やかで、全体を通して童話の世界を素直に楽しむことが出来た。
 シンデレラは、首のラインがとても美しい高木美沙、テクニックもある上に清純で自然な演技に好感が持てる。王子は渉将人、正直なところ技術的にもう少しと期待してしまう部分もあったのだが、美しい脚のラインを持つ彼、これから細かな課題を克服してゆけば、良いダンサーになるのではないか。ちなみに2人とも主役ははじめて、高木を渉が精神的にかなり支えたようだと聞いた。舞踏会での出逢いや、その後のパ・ド・ドゥでの2人の恋の気持ちの昂まりあいが、客席までとてもよく伝わってきたのだが、それはそんな2人の信頼感があってこそのものなのだろう。

 義姉オデットの越智ゆう子、義妹アロワサの村田恵理は、明るくもコミカルにイジワル姉妹を演じ、優しく気の弱い父を小走政継、そして継母をゲストの法村牧緒。真紅のドレスで、毛糸を巻くお供を父役の小走にさせながら登場する法村の存在感は大きく、細かな演技も効果的でさすがバレエをよく知っている方。
 仙女は華やかで品のある笑顔が印象的な川原奈央。四季の精はすべてパ・ド・ドゥでテクニックのあるダンサーが数多く在籍していることを実感させる。春の安井遥子と高井景介、夏の岩本真央と北川優佑、秋の小林千紗と奥村康祐、冬の奥村唯と佐藤航の4カップルに、恵谷彰のとんぼを加えて、見応えのあるシーンを見せてくれた。
 そして、もうひとつ印象に残ったのは、オレンジを贈る人の踊り。この中心を踊ったのは、足立まどか、大西優華、金子扶生。各コンクールの表彰でも観ることが多い気がする3人のジュニアだが、スラリと伸びた脚の美しさが素晴らしい。その3人が全身を黒人のように濃い茶色に塗り、長い脚を強調した衣裳で踊ったのは斬新で驚きだった。とても面白い演出。
 来年は20周年の記念公演を行うそう、今から、観るのが楽しみだ。
 

渉将人足立まどか、大西優華、
金子扶生
高木美沙、渉将人
(8月30日、大阪厚生年金会館大ホール)