ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

桜井 多佳子 text by Takako Sakurai 
[2005.10.10]
From Osaka -大阪-

●地主薫バレエ団『コッペリア』

 フランツに当初予定されていたゲストダンサーが怪我のため出演出来なくなり、急遽、法村圭緒の登場となった。おそらくリハーサルも十分にこなせなかったであろうが、本番舞台ではそのような事情をすっかり忘れさせるほど、法村は活き活きと舞台に溶け込んでいた。品格あるダンサー法村は、もちろん王子役も似合うが、さわやかで実は茶目っ気たっぷりな彼にはフランツ役もぴったりだ。かっこよくて、ちょっぴり「可愛い女の子に弱い」フランツを伸びやかに演じていた。

 スワニルダ役は村田恵理。大役に体当たり、といった精一杯の演技が、そのままスワニルダの意地っ張り(フランツが大好きなのに、時々素直になれない)な部分とうまく重なっていて自然。パ・ド・ドゥ部分では、理想的なパートナーを得て一緒に踊るのが嬉しくて仕方ないといった弾む気持ちが客席にも伝わってきた。
 地主薫の演出・振付は従来版に沿いながら、ダンサーの技量に応じて改訂。第2幕の、本来ならスワニルダが一人で踊る場面も人形たちに踊らせる。スコットランド人形の奥村康祐は素直な踊り、兵隊人形の石崎慎の、器械体操風の動きを組み合わせたような演技もこの場面ではとても面白かった。コッペリウス役山本成伸は、とぼけた味わいを醸していた。

第3幕の[結婚の踊り]では北村俊介が表情豊かに新郎を演じた。石崎、奥村、恵谷彰、池上彰朗ら男性ダンサー9人での[戦いの踊り]は迫力満点。[祈りの踊り]は主宰者の地主自らが踊り、大きな拍手を浴びていた。
(8月26日、NHK大阪ホール)
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。