ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

桜井 多佳子 text by Takako Sakurai 
[2005.09.10]
From Osaka -大阪-

●R-HATTER 服部有吉2005 PRESENTS

 ACT1は、『藪の中』。芥川龍之介の原作を服部有吉が演出・振付。彼とハンブルグ・バレエ団のダンサーが出演した。 藪の中で一人の男が殺され、その男(の霊)、妻、強盗が、それぞれ違う証言を展開する。真相は藪の中・・・。

服部は登場人物を、それぞれ3人ずつのダンサーで描いた。一人の人物を3人が踊ることで、その人物は何層にもわかれ、その実態はわからなくなる。 つまり芥川作「藪の中」の本質を突いた優れたアイディアだと言えるだろう。もちろん、それはダンス作品としても純粋に楽しめた。 イヴァン・ウルバン(強盗)、アレクサンドル・リャブコ(夫)、そしてもちろん服部(夫)にしても、かれらは身体の動きで詩を語ることができるダンサー。 いや、ハンブルグ・バレエ団でノイマイヤー作品を踊りこむうちに、動きに詩情が帯びてきたのか。とにかく、その鍛えられた身体は、文学作品を語るにふさわしい。 ただ、服部の振付が、自身も含めた彼らのそのような能力を十分発揮させたかというと、それは疑問だ。服部の振付能力が生かしきれたとは思えない。 いまひとつ、練り上げられていないような気がした。なお、大阪公演では、怪我をしたステファノ・バルミジアーノに変って、ゲイレン・ジョンストンが強盗役、ジョンストンが演じるはずだった妻役は大石裕香が演じた。 大石は、急な代役にも関わらず、落ち着いた演技を見せていた。

ACT2は、『R-HATTER』。国民的作曲家、服部良一のヒット曲メドレーに、孫・有吉が振付けた。出演は、ハンブルグ・バレエ団ダンサーと宝塚歌劇団月組の選抜メンバー。ここでの有吉の振付は自由奔放だ。服部メロディに漂う「昭和」の香りを吹き消し、ダンス・ミュージックとして扱っている。有吉振付のダンスで「聴く」良一サウンドは、とてもリズミカルで新鮮。それをハンブルグ・ダンサーと宝塚メンバーが一緒になって踊るさまは、理屈抜きに楽しい。『東京カチンカ娘』では、ウルバン&リャブコが見事なコサックダンスを披露。それは意外な光景だったが、旧ソ連出身の彼らにとってはお手のもの。彼らの貴重な側面を見たような気がした。椅子をうまく使った「山寺の和尚さん」の振付も新鮮だった。会場はダンスファンも宝塚ファンも一緒になって盛り上がった。
(7月25日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)


※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。