ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2005.09.10]
From Osaka -大阪-

●アート・バレエ難波津、創立10周年記念サマー・コンサート

 アート・バレエ難波津出身で海外でプロダンサーとして活躍している人たちも、夏休みで戻って来て10周年記念の夏のコンサートに出演した。
 初めてヴァリエーションを踊るのかな? と思えるような子どもたちのクラシック・ヴァリエーション。もっと小さな子どもたちの可愛い創作小品などに始まり、見応えのある踊りもたくさんあった。印象に残ったものをいくつか紹介したい。


 まず第1部のヴァリエーション集では、塩谷綾菜、榎垣愛、横山三玲、田中亜矢子、大嶋麻記子などが、よく踊り込んでいるのかそれぞれ自分の魅力を生かした踊りで良かった。
 第2部では、まず『ステップゲーム』。アトランティック・バレエシアター・オブ・カナダに在籍中の南百合子と、大野嘉子、淺野眞央のために、石川愉貴が振付けた作品。アメリカ的な明るさを感じさせる小気味よい小品で、ダンサー3人もテクニックに優れた人ばかり。チャーミングな踊りに仕上がっていた。

 チューリッヒ・オペラ座バレエ・スクールに留学中の別府佑紀は持田耕史をパートナーに『海賊』よりグラン・パ・ド・ドゥを踊った。 別府は、のびやかな踊りで笑顔が華やか、アラベスクも美しく決めていた。『ドン・キホーテ』第1幕よりキトリのヴァリエーションを踊ったのはライプツィヒ・オペラバレエ団で活躍中の星山ヒヨナ。 上品で華やか、アチュチュードにしなやかさも感じられるのはさすが。また、ウィーン国立バレエ団で活躍中の仙頭由貴は『パキータ』よりヴァリエーション(『カンダウル王』よりニシア)。 背が高く顔が小さい彼女、知的な高貴さがある。足の甲もとても美しい。

 そして第2部のラストを飾ったのは、谷吹知早斗と石川愉貴の『ジゼル』第2幕よりパ・ド・ドゥ。谷吹のジゼルは本当に軽く儚げで叙情性があり、そこにいるアルブレヒトが重く見えるほど。またそれがあの世のものとこの世ののものの違いを感じさせた。石川も優しげな気品があり、全幕ではなく、この部分だけの抜粋でありながらふたりのメどうしようもない悲しい思いモが、客席に強く伝わってきた。
(7月24日 森之宮ピロティホール)

 
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。