ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

桜井 多佳子 text by Takako Sakurai 
[2005.07.10]
From Osaka -大阪-

●『GUYSIII』(大阪現代演劇祭参加・DANCE BOX特別企画)

 会場の<仮設劇場>WAは、大阪港の中央突堤の倉庫。地域としては、ユニバーサルスタジオや海遊館やサントリーミュージアムのある、「ベイ・エリア」なのだが、そんな洒落た(と同時に華やかな)雰囲気はなく、「港」そのもの。大阪市内にあって、旅の果てにたどり着いたような不思議な場所だった。

 男性ばかりの大人数(プログラムの出演者数は25人。もっと大勢踊っていたように思えたのは気のせいだったようだ)のコンテンポラリーダンス。開演前から円形の舞台に一人の青年(山本卓)が座り込んでいる。解体屋の青年(とプログラムにある)が仕事の合間に休憩している様子。と、そこに、宇宙人だか妖怪だか、もしかしたら妖精か、とにかく得体の知れない軍団が登場。やがて彼らは、宇宙人だか妖怪だかのコスチュームを脱ぐ。プロローグの男性群舞で舞台の熱気は急上昇。ダンスに引き込まれた。休憩なしの約2時間で全12場。それぞれのシーン展開に脈絡は見えないが、不思議と流れはスムーズ。構成・演出=菱田信也、演出・振付=竹ち代毬也、振付ディレクター=ヤザキタケシ、さらに村上和司、垣尾優、砂連尾理が個々のシーンに振付ているのだが、細切れ感はなく、緊張が緩むことはなかった。

男性同士、胸に張ったビニールテープを取り合う(?)「乳首一回戦」(準決勝戦、決勝戦もあり)などナンセンスなシーンも含まれているのだが、よくありがちなグロテスクなダンスに仕上がってはいない。また、関西ダンサーばかり、いわゆる「体育祭のノリ」のテンションの高さだが、「身内ウケ」にはとどまっていない。真面目にダンスと向き合っている男性たちが、文字通り身体を張って熱演する姿には、素直に感動できた。

コンテンポラリーダンスとして見ごたえがあったのは、ヤザキタケシ振付、阿比留修一&森井淳出演の「ルルルヒューマンケンカステップ」。タイトルから、カナダのダンスカンパニー「ラララヒューマンステップス」のパロディだということは推測できたが、そんな「やわ」なものではなかった。男性2人が、「ラララ―」ばりに、アクロバティックなテクニックを駆使する。一人が空中で回転して、そのままパートナー(というのだろうか、とにかくもう片方の男性)に抱きとめられ、次の動きに移る。ケンカ的な動きも盛り込まれていて見入ってしまった。「ラララ―」と明らかに違う点は、その動きの「間」のとり方。スピーディにテクニックを次々に披露するのだが、その「間」がなんとも絶妙なのだ。その理由は、選曲の効果。なんと美輪明宏の「愛の賛歌」のなかで、「ラララ―」ばりの「ルルル―」が熱演されたのだ。

 「ルルル―」の余韻が冷めぬまま、音楽は、美川憲一の「柳ヶ瀬ブルース」にスイッチ。次の場面「大阪港の海に泣いている」がはじまり、赤いドレスに身を包み、ウィッグをかぶりマイクを片手にしたヤザキ本人が登場する。サービス精神満点だ。
ラストは、解体屋の青年が再び登場。ミラーボールが不器用に回っている。一瞬、熱気あふれた舞台のすべてが、儚い夢だったようにも思えた。
関西にはこんなに大勢のコンテンポラリーダンサーがいたのか、と改めて思った。関西コンテンポラリーの熱気を肌で感じた公演だった。
(6月12日)
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。