ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2005.02.10]
From Osaka -大阪-

●藤川雅子がクララを伸びやかに踊った有馬龍子バレエ団『くるみ割り人形』


 バレエ団団長の有馬えり子が演出・振付を行った『くるみ割り人形』。バレエ団員だけでなく、 たくさんの子どもたちも出演して『くるみ割り人形』らしく舞台を楽しく盛り上げていた。

 もっとも印象に残っているのはクララを踊った藤川雅子。クララに似合う少女らしい可愛い笑顔に、上品にしなりを見せる長い手足。踊り心、ニュアンスのある表現が出来るダンサーだ。 フリッツ役の脇塚力と共に、回転なども多々入れて踊りの楽しさを存分に観せていた。脇塚も笑顔がチャーミングで、細かい芝居の部分も丁寧に演じており良かった。第1幕の少女役や少年役には、 子供から大人までさまざまな身長の人がキャスティングされており、大人の身長である藤川が違和感なく溶け込んで見えた。

 ネズミと兵隊のシーンには、やっつけてしまうのが可哀想なくらい小さなネズミがゾクゾクと。これも『くるみ』だからこそ出来る子どもの可愛らしさを活かした演出。

 第2幕のはじまりは海の国。第1幕の最後に雪のシーンがあり、ここで海の精のコール・ドによるシーン----雪を越えて、海を越えて・・・という感じ。 どちらもバレエによって自然の美しさを現しているという意味で統一感があって良かったと思う。また海の中心を踊った吉岡ちとせはとても華奢で、踊りに優雅さのある人。

 お菓子の国では、スペインの福谷葉子と脇塚力、コーヒーのソリスト横江舞など、ダンサーの個性がよく踊りの雰囲気に合っていた。 キャンディーボンボンの中心でクララが複雑なアチュチュードを駆使した回転技を披露していたのも面白かった。

 金平糖の精は池内沙耶香、王子をアンドレイ・クードリャ。周囲の先輩方に囲まれての大役のせいか、若干の緊張が伝わって来たがきちんと美しくこなしていた。今後経験を積むことで、成長してゆくだろう。
(12月23日 京都会館第1ホール)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。