ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2005.02.10]
From Osaka -大阪-

●既成概念にとらわれない演出に驚き『北山大西バレエ団リサイタル』


 小さな子どもたちが目にも止まらぬスピードで回るシェネ、独特の表情たっぷりの演技。 北山大西バレエ団の舞台を観ると、いつも他のバレエ公演や発表会との違いを感じずにはいられない。
 今回は『眠れる森の美女』全幕を中心に、小品やバリエーション、グラン・パ・ド・ドゥや創作作品も上演して、たいへん盛りだくさんな内容だった。


『眠れる森の美女』は、リラの精(美羽礼加)とカラボス(山本夕華)の対立を軸に進む。 ここではカラボスは醜い老婆ではなく美しい女性、どこか『白鳥の湖』のオディールを思わせるような妖艶な存在である。 美羽礼加は、この日他にもグラン・パ・ド・ドゥやヴァリエーションなどを踊っていたが、リラ役がもっとも上品にまとまっていた。 難易度の高いテクニックを得意とする彼女だが、柔らかさを出したリラ役が一番クラシックに真正面から取り組んだものと言えるかも知れない。
 オーロラの真野薫はテクニックもありながら、柔らかい雰囲気があり適役。16歳の誕生日の最後、倒れるシーンは、笑顔から変わっていく表情の演技が真に迫っていた。

 この『眠り』全幕で一番の驚きは、ゲスト男性ダンサーがいなかったこと。デジレ王子から青い鳥、ローズアダージオの4人の王子も女の子。 狼は少年、暁拳大が踊った。小さな男の子の表情たっぷりの演技はなかなか可愛らしく楽しかった。的場涼香はデジレと青い鳥の両方のグラン・パ・ド・ドゥの男性パートを踊った。 バレエとして良いかどうかには疑問が残るが、男性がトゥ・シューズを履くトロカデロ・モンテカルロ・バレエの逆を行く演出。 正統派のバレエとは言えないとしても、観客を楽しませることが出来るなら、こういう形もありなのだろうとは思う。

ローズアダージオ

 ラストのリサイタルでは、的場涼香は佐々木大をパートナーに『ドン・キホーテ』のグラン・パ・ド・ドゥを披露。 美羽礼加は、ブラディックを相手に『くるみ割り人形』のグラン・パ・ド・ドゥ。ブラディックはウズベキスタン国立ボリショイバレエ団ソリストを経て、活動中のダンサー。 日本でのバレエ初舞台になる。クラシックのグラン・パ・ド・ドゥが久しぶりということで緊張が見えたが、スタイルが良く動きも美しい。 ところでこの『くるみ』、クララはピンクのネグリジェ風ドレスに下ろした巻き毛。振りも大幅に変えられている。 美羽の持つ雰囲気に大人っぽさがあるので、彼女にはお菓子の国のお姫様の方が合うのではないか? この雰囲気を活かすならば振りはさておいても、少女クララのあどけなさを残したダンサーの方が良いかと感じた。 『SWITCHED ON BEATLES』はビートルズの音楽を使った平和を望む群舞作品で、最後を飾る演目としてふさわしかった。
(1月16日 大阪国際交流センター大ホール)



『ドン・キホーテ』

『くるみ割り人形』


『SWITCHED ON BEATLES』
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。