ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2004.12.10]
From Nagoya -名古屋-

越智インターナショナルバレエ団の『ドン・キホーテ』

 愛知県を代表する老舗バレエ団の越智インターナショナルバレエが『ドン・キホーテ』を上演した。バレエ団の設立55周年記念公演であると共に、越智友則がヴァルナ国際バレエコンクール(プロフェッショナル部門)で第3位を受賞した記念として、この演目を選んだという。
 越智友則の相手役、旅籠の娘・キトリを演じたのは、もちろんバレエ団のプリマ・越智久美子。相変わらず安定した華麗な踊りで、常に作品全般をリードしていた。いつでも変わらぬ落ち着きと大人の余裕を感じさせる表現には、プリマの威厳を感じさせる。バジル以外の男性陣はすべて、ロシア人で固めているため、舞台は情緒溢れるバルセロナの広場さながら。大道の踊り子を演じたのは、ヤナ・サレンコ。短い出番の中でも、流麗で強烈なインパクトを与えていたが、それもそのはず、彼女も越智友則と一緒に、ヴァルナ国際バレエコンクールで第3位を受賞したとのこと、そんな人材をさらりとキャストに加えてしまうのも、このバレエ団ならではの人脈ゆえだろう。

 第2幕の<ドン・キホーテの夢>の場面では、第1幕とはがらりと変わって、美しい妖精たちがささやきあうかのよう。なかでも同じくヴァルナ国際バレエコンクールのジュニア部門で2位となった森絵里がお人形のような容姿もあって、一際美しく目をひいた。
 そして、クライマックスとなる第3幕では、御馴染みのグラン・パ・ド・ドゥ。越智友則は、コンクールでも踊った場面とあって、出てくるやいなや、観客の注意を一身にひきつけ、正確なテクニックで難しいバリエーションも難なくこなす。また、男性らしいしっかりとした身体つきに、女性をきっちりとサポートすることも見につけ、安心してみることができた。
 このバレエ団は、常にオーケストラでの上演のグランド・バレエにこだわってきたというが、今回も、セントラル愛知交響楽団の演奏(アレクセイ・バクラン指揮)が公演をより盛り立て、一層豪華な舞台を実現していた。
(11月14日 愛知県芸術劇場大ホール)