ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

桜井 多佳子 text by Takako Sakurai 
[2004.10.10]
From Osaka -大阪-

シアター・ドラマシティ・ダンスアクトシリーズVol.4「盤上の敵」

 演劇的なダンス? あるいはダンスの要素が強い演劇? 独自のシアターアーツを提供する「ダンスアクトシリーズ」も4作目となった。 今回は北村薫原作の『盤上の敵』の舞台化。ユニークなのは、同じ音楽(宮川彬良)を用いた2作品を続けて上演したことだ。

 第一部で上演されたのは、上島雪夫の振付作品。白のキングは西島千博、白のクィーンはパリ・オペラ座の藤井美帆。二人とも、もともと「白」のイメージなので、無理なく役に入っている様子。 対する黒のキングは遠藤康行、黒のクィーンは平山素子。黒=悪役になりきった平山のダンスが目を引いた。 動きは軽いのだが印象がずしりと重い。嘲るような視線とともに、その動作も影のように心に残る。 自作も多い彼女だが、おそらく自分では形成することのない役柄だけに、平山の新しい魅力を見たような気がする。 上島の振付は、ダンサーの個性を良く生かしている。そしてなにより、ドラマを判りやすく伝える。ダンスアクトの主義に沿った作品づくりといえるのではないだろうか。 巧みなライティングでチェス盤と化したステージ上、白のダンサー=平野亮一、張縁睿と、黒のダンサー=森山開次、佐藤洋介らが踊るシーンは圧巻だった。

 第2部は、ハンブルグバレエ団の服部有吉が振り付け、自身を含めたバレエ団員4人で踊った。 つまり、登場人物は、「白」の=エレン・ブシェー、服部、「黒」の=ゲイレン・ジョンストン、ヨハン・ステグリの4人だけ。 少女(原作では妻、第1部では白のクィーン)が人形で遊んでいると、同級生(第1部では黒のクィーン)が現れる。次第に、同級生は少女に敵意をむき出しにする。 リアルな表現(アクト)とダンスが、同時に進行していく。やがて客席から服部が駆け上がる。不思議な存在感。 伸びやかな動きが周囲の空気を攪拌して、彼の身体を浮かび上がらせるかのよう。動きはなめらかで、しかもシャープ。
刺激的なダンスに見入ってしまった。彼以外の4人のダンサーも、服部の振り付けの意味と、自分の役どころを深く理解しているよう。そのチームワークのよさも心地よかった。
(8月14、15日青山劇場、20、21日シアタードラマシティ、21日夜の部を所見)