ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.09.10]
From Osaka -大阪-

波多野澄子バレエ研究所が深川秀夫振付『ガーシュイン モナムール』

 毎年、夏に行われている波多野澄子バレエ研究所の生徒公演。初舞台の幼児から、海外バレエ団里帰りのプロまでが出演する舞台。内容は盛りだくさんでありながら、2時間余りと観客を飽きさせない長さにまとめられており、生徒が多く出演する舞台として構成も巧みである。

 最初の演目は波多野澄子振付の『コンセルヴァトワール』。ブルノンヴィル振付の同名の作品を観た波多野が、そこからインスピレーションを得て、子供たちのためのオリジナル作品として振付けたもの。ピンクやイエロー、ブルー、・・・と学年毎に違う色のリボンが可愛い。小さな男の使い方も効果的で良かった。

 続いてのバレエコンサートで『ドン・キホーテ』よりバジルのヴァリエーションを踊ったのは河島真之。彼はこの研究所出身でボリショイ・バレエ学校留学を経て、アメリカのオーランド・バレエ団で活躍していたが、この秋から同じフロリダ州のサラソタ・バレエ団に移ることが決まっている。脚が長く顔が小さな良いスタイル、曲のラストの観客に背中を向けてのポーズに存在感があった。


 ラストの演目は深川秀夫振付の『ガーシュイン モナムール』。ガーシュインの曲に深川がフランスの香りをプラスして創った作品。様々な団体で上演されているが、ここでは初めて。幕が開くと、シルフィードのような白い羽付の衣装のバレリーナたち。スカートの両横をフワッと後ろに持ち上げたり、トゥの前側で後ろの床をトントンと叩いたり、おちゃめで可愛い妖精という感じ。続いて、カラフルな衣装に着替えてのおしゃれな感じのソロやパ・ド・ドゥ、ラストはカラフルな衣装で、最初に着ていた白の衣装を空に放りあげて、楽しそうに踊り狂う。
 中世の妖精が急に20世紀くらいに放り込まれて、浮かれている? 妖精は本当は、こんな風にいたずらっぽく、動き回っているものなのだろうなと舞台を観ながら思えて来た。バレエの中の妖精はもう少しおとなしげに描かれることが多いが、本来の妖精はこんな可愛らしさを持っているものなのかと。
 いたずらっぽく楽しげに踊る妖精たちの雰囲気が、この団体の持つ雰囲気にとてもよく合っているように感じられた。(8月7日 神戸文化ホール大)