ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.07.10]
From Osaka -大阪-

国田美和バレエスタジオ「2004バレエコンサート」

 各種のガラ・コンサートに出演するなどダンサーとしても活躍する国田美和が開設したスタジオの3回目のコンサート。 発表会として、幼児から趣味で踊る大人、国田自身まで、年齢も踊りのレベルも多彩な人の出演で行われた。

 メインの演目は『眠りの森の美女』第2幕、第3幕。オーロラ姫を国田美和、デジレ王子に山口章。彼女のオーロラは、姫であることの気高さを前面に出した高貴な雰囲気、 スピーディなシェネなど得意の回転技も多々取り入れて、自身の振付で仕上げていた。

 この『眠りの森の美女』の中で、もうひとつ眼を引いたのは「青い鳥とフロリナ王女」。 青い鳥を踊ったゲストダンサーの恵谷彰が素晴らしいのは書くまでもないが、フロリナ王女の今出千琴は伸び盛りであることを感じさせる中学生。 素直に上達していることを感じさせ、回転技のカンもとても良いようで、これからが楽しみ。

 また、コンサートではこちらも中学生の新井友里が『コッペリア』のグラン・パ・ド・ドゥを沖潮隆之をパートナーで踊っていたのが印象に残っている。 彼女は上品であでやかさも持ったダンサー、このまま上手く成長していって欲しいと感じた。 オープンクラスという形で通う大人たちの中にも、初めて男性と組んで踊ることに挑戦する人もおり、一生懸命さが心地よく感じられた。
(6月6日 大阪国際交流センター大ホール)