ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.05.10]
From Osaka -大阪-

ISバレエアカデミア/泉・下森バレエ団『白鳥の湖』他

 泉バレエで共に活躍していた泉ポール、下森瑞夫妻が4年前に独立して作った団体で、全幕公演は一昨年の『ジゼル』に続いて2回目である。

 今回は『白鳥の湖』。泉ポールが古典を大切にしつつ新演出を行った。オデットを下森瑞、オディールを村主麻里、王子に高瀬浩幸、ロッドバルトが泉ポール。
 まず、1幕で印象的だったのは、パ・ド・トロワ。まず、“友人のパ・ド・ドゥ(大久保春香、新屋滋之)”として結婚カップルのイメージでアダージオが踊られる。その途中で投げられたブーケを友人たちの中にいる井上備恵が受けて、第1ヴァリエーションを踊り、新屋の男性のヴァリエーション、大久保の第3ヴァリエーションと続く。この方が、その後、女王から結婚を勧められる王子・・・というストーリーに自然に続くように思えて、なるほどと感じた。

 もっとも大きな特徴はロッドバルトの解釈。泉ポール自身、長い間ロッドバルトを得意としてきたダンサー、今回も迫力のある演技で舞台を引っ張っていたが、そのロッドバルトをただの悪魔に終わらせないで深く追求している。それは4幕に現れていた。3幕でオデットを裏切ってしまった王子を責める白鳥たち、絶望の中、オデットと王子は踊るが、それを引き裂くロッドバルトは実はオデットを愛していて、王子のオデットへの愛を試している。崖下に飛び込むオデットを追って飛び込むロッドバルト。その後、飛び込む王子。王子が飛び込んだ事によって、王子のオデットへの愛を確認したロッドバルトは二人を助ける・・・というストーリー。

 欲を言えば、“ロッドバルトがオデットを愛している”というのが2幕でももう少し強く見えればもっと良かっただろう。とはいえ、高瀬の気品ある王子、秋定の明るくテクニックを披露するピエロなどにも支えられて、良い舞台に仕上がっていた。(4月18日、ピッコロシアター大ホール)


 

ISバレエアカデミア/泉・下森バレエ団『白鳥の湖』