ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.05.10]
From Osaka -大阪-

法村友井バレエ団『結~むすび』

 ヴァルナ国際バレエ・コンクールの銀賞など数々のコンクールでの輝かしい受賞歴を持ち、法村友井バレエ団のプリマとして活躍して来た杉山聡美。まだまだ楽しませてくれるのだろうと思われる彼女が、現役ダンサーを退くと宣言、引退公演として行われたコンサート。杉山自身の振付作品から、さまざまな思い出の場面で踊ってきた作品によって構成されていた。

 第1部は杉山聡美の振付作品が中心である。最初の演目『地球誕生』はこの公演のための新作で、主役の創造主を杉山自身が演じ、岩本正治、三股ナナエ、河野裕衣、佐野裕子が脇を固めた。古谷哲也のコンガ・パーカッションと語りの中、繰り広げられる踊りで、古谷の独特の落ち着きをもった語りが静かに雄大な宇宙に私たちを連れて行ってくれるようだった。この人はこんなに雄大なことに思いを馳せている人なんだ・・・と不思議な世界に引き込まれた。

 続いて『子供の笑顔』、『わたぼうし』と子供のために振付られた作品。『わたぼうし』を踊った柳生涼子は、イキイキと明るく高いテクニックを披露、これからが楽しみなジュニアだった。

 第2部は『ラ・シルフィード』2幕。法村圭緒をパートナーに可憐な妖精の姿を披露した。最近、彼女は公演などでキャラクター的なものを観せてくれることが多かったので、久しぶりに柔らかい踊りを観たような気がする。長身で細身、雰囲気を持っていて、こんなに踊ることが出来る人なのに、引退だなんて、まだまだ大丈夫なのに・・・と感じる。

 第3部ラストは『鮭』。友井櫻子振付作品。杉山は、今回の公演を決意した時、一番にこの作品を最後に踊ると決めていたと言う。これも古谷哲也のコンガ・パーカッション、そして「鮭が二匹、川をのぼる」という独特の節回しの声にのって踊られる作品である。パートナーは今村泰典で、力強く切なく、男女の愛も描いた。この踊りを観終わった時、杉山聡美は、これから新しい扉を開けて進み始めるのだろうなと頼もしく、踊りを観ることが出来ないのは残念だけれど、今後の活躍が楽しみな気がした。(4月18日、アルカイックホール)