ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.05.10]
From Osaka -大阪-

波多野澄子バレエ団『コッペリア』

 芸術監督:波多野澄子、演出:深川秀夫。深川氏独特のドラマティックなバレエの世界を充分に楽しむことが出来た。スワニルダを斉藤由佳、フランツを松岡怜子バレエ団の大寺資二。二人は上品で可愛らしいカップルだった。お姫様と王子様という雰囲気を持ったカップルだが、おてんばにはならないで可愛らしく、ちょっといたずらっぽいコケティッシュな魅力を持ったスワニルダ、(上品で)モテるから他の女(つまりコッペリア)に手を出しそうになるフランツを好演したように思う。

 深川氏自身がコッペリウス、黒タイツにマント使いも華麗なコッペリウスは、とても格好良く、さすがトップ・ダンサー、幕開きは、マントを翻すコッペリウス。2幕のスワニルダが人形に化ける部分では、スワニルダの人形ぶりも可愛いのだけれど、スワニルダが眠っているフランツを気にするのに焼きモチをやいてモジモジするコッペリウスはとても可愛い。変人のコッペリウスというよりは、自分の作った人形が可愛らしすぎて、ただただ恋してしまって・・・という感じ。

 魂の入った(と思われるコッペリア)と踊る部分では、かなり色々な踊りをコッペリウスがリードするように披露していた。こんなに踊るコッペリアウスは深川ならでは?とても楽しむことが出来た。また同様に、全幕にわたって、細かい演技演出に気を配られているのが分かった。

 指導も行っているソリストの若原里美や羽田佐貴子から、男性のゲストダンサー達、コール・ド・バレエもがとても楽しんで舞台に取り組んでいることが感じられる笑顔が溢れる舞台、良い雰囲気のバレエ団である。(4月24日、アルカイックホール)