ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>

2015年12月
From Osaka -大阪-

野間景と碓氷悠太が踊った、明解で内容が充実した山本隆之版『くるみ割り人形』

今年の野間バレエ団の定期公演は、山本隆之が初めて振付けた『くるみ割り人形』全幕だった。野間バレエ団が『くるみ割り人形』全幕を上演するのは、2006年の高岸直樹版以来9年振りだそうだ。『くるみ割り人形』・・・
[2015.12.10]
From Osaka -大阪-

伸び盛りの新人、川﨑麻衣&塚本士朗を主役に──明るく、品よく仕上げた『コッペリア』

主役を踊ることができる技術、表現力を持ったダンサーが多く在籍していることをいつも感じる貞松・浜田バレエ団。今回のスワニルダ&フランツは、若手伸び盛りの2人、川﨑麻衣と塚本士朗だった。2人ともどちらかと・・・
[2015.12.10]
From Osaka -大阪-

深川秀夫の存在感たっぷりなコッペリウス──宮下靖子バレエ団の創立60周年記念公演

『コッペリウス』・・・というタイトルでも良いかもしれない、そんな風に思ってしまう『コッペリア』だった。 深川秀夫 撮影:・・・
[2015.12.10]
From Osaka -大阪-

「智恵子抄」に触発された『Tubular Bells』と昭和の香り溢れる『うたかたのオペラ』

「サイトウマコトの世界」vol.4は、『Tubular Bells』と『うたかたのオペラ』2本の上演。まず最初に上演された『Tubular Bells』。「Tubular Bell」、というのは楽器の・・・
[2015.12.10]
From Nagoya -名古屋-

踊り演じ重ねてこそ現れる深みを感じさせる越智久美子の迫真のジゼル

越智インターナショナルバレエの『ジゼル』は、キエフ・バレエで活躍した故ワレリー・コフトンの振付を、バレエミストレスとしてタチアナ・タヤキナが指導しての上演した。 ・・・
[2015.12.10]