ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>

2012年12月
From Osaka -大阪-

マリインスキー劇場のイワンチェンコと安積瑠璃子、山下摩耶が共演した『バヤデルカ』

今回の大阪バレエカンパニー公演は『バヤデルカ』。振付・監修にワジム・シローチン、主役ソロルにマリインスキー劇場からエフゲニー・イワンチェンコを招いての上演。ニキヤは安積瑠璃子、ガムザッティに山下摩耶。・・・
[2012.12.10]
From Osaka -大阪-

19世紀末にクーデンホーフ伯爵と結婚し、ヨーロッパに渡った日本女性を描いた『みつこ』

1998年に初演、2004年の文化庁芸術祭大賞を受賞し、その後、ドイツ公演でも上演しているこのバレエ団の代表的なオリジナル演目『みつこ』の再演。再演と言っても、今回観て、2004年に観た時とかなり変わ・・・
[2012.12.10]
From Osaka -大阪-

矢内原美邦『コーヒー』ほか11作品を力強く、爽やかに踊った

初めて大阪体育大学創作ダンス部の公演を観た。タイトルは『空路へ〜こころはつる草のように〜』。学生たちが創作した11の作品に加え、この創作ダンス部出身の卒業生、ニブロール主宰の矢内原美邦が、岸田國士戯曲・・・
[2012.12.10]
From Osaka -大阪-

入江由紀子を中心とした『竹林をぬける渓谷の風』ほかの想いをこめた踊り

25周年の記念の舞台、これまでに主宰の入江由紀子が振付けて、団員や生徒たちが踊ってきた懐かしい作品からピックアップし、いろいろなタイプの作品が上演された。 幕開け、『ふりそそぐ時』は、ダンサーたちが身・・・
[2012.12.10]
From Osaka -大阪-

向井華奈子の初リサイタル、振付作品を披露し4作品を踊った

藤田佳代舞踊研究所のダンサー・向井華奈子の初めてのリサイタル。自作自演など多くの振付作品を披露、4つの作品を踊った。 最初に上演されたのは再演だという『柘榴』。坂本龍一の曲に乗せて、この地球上でのあら・・・
[2012.12.10]
From Osaka -大阪-

バレエと大阪の誇り、文楽の夢のコラボレーションが実現した

大阪市の補助金問題などで話題が高まっている文楽。その文楽とバレエのコラボレーションが実現した。おそらく、世界初の試み。いや、文楽は日本の芸術、大阪の誇る芸術だから、“おそらく”・・・
[2012.12.10]
From Nagoya -名古屋-

海外ダンサーと越智インターナショナルバレエが華やかに共演した『眠れる森の美女』

チャイコフスキー三大バレエのひとつである『眠れる森の美女』が越智インターナショナルバレエによって繰り広げられた。『眠れる森の美女』と言えば、クラシックバレエの中でも歴史が深く、最も有名な作品のひとつ。・・・
[2012.12.10]
From Nagoya -名古屋-

演技派ダンサーの表現力が光った5年ぶりの深川秀夫版『シンデレラ物語』

2012年芸術の秋に私たちを魅了してくれたテアトル・ド・バレエカンパニー公演は、深川秀夫(同カンパニー芸術監督)による『シンデレラ物語』だった。1995年に「ナゴヤ・テアトル・ド・バレエ団」として設立・・・
[2012.12.10]