ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

オーケストラ生演奏も素晴らしかった、ぺリダンス・カンパニー

“Spring Season 2012” スプリング・シーズン2012
Peridance Contemporary Dance Company
ぺリダンス・コンテンポラリー・ダンス・カンパニー

5月5, 6, 12, 13日に、ぺリダンス・コンテンポラリー・ダンス・カンパニーの「スプリング・シーズン2012」公演が、ぺリダンス・カペッツィオ・センターのビル内にあるサルバトーレ・カペッツィオ・シアターで開催されました。1983年に始まったぺリダンス・スクールのオーナーであり、ぺリダンス・カンパニーの芸術監督でもあるイガール・ペリーは、数年前に現在地のビルを改装し、シアターを備え、ビル1軒まるごとぺリダンス・カペッツィオ・センターとなりました。その話は聞いていましたが、改装後に初めてセンターで舞台を観ました。 
今回の公演は、その所有シアターで行われたせいか、作品の中身に経費をふんだんにかけている印象でした。音楽は、クラシックの本格的な音楽家たちが11名、オーケストラで生演奏していました。この音楽が素晴らしく、演奏家たちのレベルも高かったです。特にチェロの音色がとても美しく際立っていました。チェリストは台湾出身のNan-Cheng Chenで、ジュリアード音楽院出身。若くしてニューヨークで活躍しているそうです。公演後は上の階で、ビュッフェ形式のパーティーがあり、イガール・ペリーと久しぶりにお話することができました。(以前、彼のインタビュー掲載しました

ny1206ab01.jpg

ぺリダンス・カンパニーはダンサーたちが入れ替わっていて、新しい世代になっていました。メンバーには日本人もいます。今回のゲスト・ダンサーは、元ABTプリンシパルのホセ・マヌエル・カレーニョでした。

5つの作品が上演されました。
“Conflicted Terrain”はイガール・ペリー振付で初演です。音楽はヘンリク・グレツキ。不協和音が続く、静かな現代的な曲です。オーケストラの生演奏も素晴らしかったですが、音楽家たちが上がった舞台には、太く長いロープがつけられていて、時々ダンサーたちに引っ張られて舞台上を移動し、そのたびに演奏家たちの配置が変わりました。演奏家たちも舞台上の見えるところに参加していて、その台が少しずつ動いたり回っていくところも絵になっていて、作品の一部としてみられて、とても面白かったです。
クラシック・バレエ・ベースのイガールらしい振付で、回転の軸足が右へ左へと向きが交互に変わっていきました。
イガール・ペリーが振付けたシューベルトの『アヴェ・マリア』の音楽は2人の生演奏でした。ピアニストはJing Yang、ヴァイオリニストはJiafeng Chenです。ダンサーはホセ・マニエル・カレーニョ。カジュアルな衣裳を着けたソロでした。
踊りは、立ったり寝転がって動いたり、上下に大きな幅で激しく動くものが中心でした。上下の動きの幅が広く難しそうな振付でした。カレーニョはABTを引退し、現役を離れていますが、このようにゲスト出演したり時々活動をしているのですね。カレーニョのコンテンポラリー・ダンスも素晴らしいです。
Sidra Bellが振付けた“The Udgathered”は、不協和音の多い、エレクトロニック音楽を使った現代的なものです。8名のダンサーたちがボンデージのようなカッコいい衣裳を着けて踊りました。太ももをたたいたり、ロボットのように動いたり、寝転がったり座ったり立ったり、激しく動き回る踊りでした。ハワイ出身のダンサー、Nikki Holckがとても上手く目立っていました。
イーガル・ペリー振付の“El Amor Brujo”の音楽は11名のオーケストラ演奏でした。ときどきフラメンコ歌手のMarija Temoが出てきてスペイン語で歌いました。スペインのフラメンコの要素を少し取り入れていましたが、ベースはほとんどがコンテンポラリーの振付です。もちろん、イガールらしいクラシック・バレエ・ベースのコンテンポラリーです。フラメンコと全く関係のないイガールがスペインをイメージして作ったからでしょうか、外国人が作ったスペイン風の作品で不思議な印象でした。これも一つの個性で、変わっていて面白いと思いました。男女のパ・ド・ドゥも多く、リフトが多用された複雑な振付でした。
(2012年5月5日夜 サルバトーレ・カペッツィオ・シアター)

ny1206ab02.jpg Photo:Karli Cadel ny1206ab03.jpg Photo:Karli Cadel
ny1206ab04.jpg Photo:Meems Images/Melissa Birnbaum ny1206ab05.jpg Photo:Meems Images/Melissa Birnbaum