ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

ニューヨーク・フェスティバル・プレゼンツ~インテラクティブ・ニューメディア・アワーズ授賞式

『エンブレイス』
 4月27日に、ニューヨーク・フェスティバルの一環として、インテラクティブ・ニューメディア・アワーズ授賞式が、ユニオンスクエアーのダリル・ロース・シアターにて行われました。この授賞式にはお金がかけられていて、ブロードウェイ女優やコメディアン、俳優やダンサーがセレモニーを盛り上げるためにパフォーマンスをしていました。その中で、以前このコラムでもインタビュー取材してご紹介しました、若手日本人ダンサーの福田純一が招待を受けてパフォーマンスをしました。ニューヨークならではの、面白いイベントの授賞式なので、取材に出かけてみました。

 福田純一は、現在、ニューヨーク在住で、ブグリシ・ダンス・シアターとぺリ・ダンス・アンサンブルなど掛け持ちで在籍して活躍中で、乗りに乗っている注目のダンサーです。驚くことに、この授賞式ではブグリシ・ダンス・シアターとぺリ・ダンス・アンサンブルの2つのカンパニーがパフォーマンスをしましたが、福田純一はこの2つともでプリンシパルで代表としてダンスを披露したのです。偶然が重なって同時に2つのカンパニーで同じところに呼ばれてパフォーマンスすることになったそうですが、驚きですね。2つともニューヨーク・ベースで活躍しているダンス・カンパニーだからでしょうね。

『ヘリッシュ・ラヴ』
 ぺリ・ダンス・アンサンブルからは、『エンブレイス』、『ヘリッシュ・ラヴ』を披露しました。イガール・ぺリ振付のパ・ド・ドゥで、ダンサーはクリスティン・フリーマンと福田純一でした。『ヘリッシュ・ラヴ』は新しい実験的な振付で、最初はにらみ合っていた2人が、見つめあって笑ったりさけんだりしながら、だんだんテンポが速くなってきて動きが激しくなり、2人の関係性も深まっていき、最後にキスして電気が消えて終わりという面白いものでした。これはいいアイデアだと思いました。とても印象に残っている踊りです。


 ブグリシ・ダンス・シアターからは、『ホット・ペッパーズ』という作品を披露しました。振付はジャクリーン・ブグリシです。ダンサーは男性2人、女性3人の5人です。2台のベンチを使って踊りました。

 日本人ダンサーが活躍してくれているとは、嬉しいことですね。