ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 ニューヨークは、急に暑くなってきました。街ではみんな半袖やキャミソールなど薄着で歩いています。さて、今はちょうどバレエ、ダンスのシーズン真っ盛りで、ABTもニューヨーク・シティ・バレエも公演が始まり、私も観たい公演がたくさんあります。初夏は、1年のうちダンス取材が一番忙しい時期です。連日取材が続いて、少々疲れ気味なくらいです。でもとても楽しませていただいています。今月号、来月号に分けてレポートをお送りしますので、お楽しみに。

ピーター・マーティンスの『ロミオとジュリエット』NYCB

 4月24日から6月24日まで、リンカーンセンターのニューヨーク・ステート・シアターで、ニューヨーク・シティ・バレエ(NYCB)の公演が行われています。皆様に耳寄りニュースですが、今年の春のシーズンに限り、ニューヨーク・シティ・バレエの100周年記念として、シーズン期間中ずっと15ドルの席(in the forth ring)が用意されています。これは通常の50%オフのお値段になっていますので、6月24日までにニューヨークに滞在なさる方は、ぜひご利用下さい。

 さて、今月号は、世界初公演の『ロミオとジュリエット』をレポートします。今回の公演の目玉で、早くから話題になっていたので、とても楽しみにしていました。この作品は5月2日から13日まで上演されていました。私が観たのは、5月5日の公演です。

 キャストは、ジュリエットはスターリング・ヒルティン、ロミオはロバート・フェアチャイルドでした。振付はピーター・マーティンスです。客席は満員でした。ニューヨーク・シティ・バレエは、女性ダンサーたちが全員クモのように手足が長~くて美しい人ばかりが厳選して集められているので、この『ロミオとジュリエット』も絵として観ても素晴らしく美しかったです。手足が長くて細く美しい女性という外見を重視して、ダンサーたちが採用されているのでしょうね。そこが、実力主義でスター・ダンサーばかり集められているABTとの違いでしょう。ABTのダンサーたちは、体型は様々です。


 

 
スターリング・ヒルティン、ロバート・フェアチャイルド

 ストーリーはおなじみのもので、多くのバレエカンパニーが上演してきているものとほぼ同じです。古典なので振付も似かよっています。ただ、今回の舞台装置が、大きな岩の扉のようなものが真ん中にデーンと置かれていて、場面が変わるごとに、そこが開閉して街になったり、部屋の中になったり、教会になったりするので、見苦しくてあまりいいアイデアではないなと感じました。場面がすごく変わっても、その大きな扉は真ん中に置かれたままなのです。そのせいで扉のことが気になって、シーンとダンサーに集中できず、感情移入しにくくなっていました。たくさんのバレエ公演を観ているので、ついつい厳しい感想を持ってしまいました。シーンごとにすべての装置を入れ替えるように用意すると、予算がかさむからでしょうか?きっと予算を抑えて効果的にシーンを変えて演出できるように考えた、苦肉の策なのかもしれません。バレエは、舞台セットにも衣装にも、きっと莫大にお金がかかるのだと思います。今回が初演なので、きっと次回からは舞台装置の改良を重ねていかれることと期待します。

 有名なバルコニーのシーンでは、ニューヨーク・シティ・バレエではどのように演出していたかというと、彼らはバルコニーを舞台の真ん中の正面に向けて表現していました。ABTでは、このバルコニーのシーンは、舞台の上手にバルコニーが置かれていて、その下の大きな空間を使って広大に表現していたのですが、そのほうが観客としては圧迫感を感じずに伸び伸びと観ることが出来ると思いました。ABTのこの演出では、とても感動したことを覚えています。舞台セットが真ん中か上手かによって、こんなにも客席での受け取り方が変わるのかと、自分でも驚きました。もしもバルコニーが下手に置かれていたらどうなるかなとちょっと頭の中で想像してみましたが、圧迫感がありそうであまりピンときませんでした。なぜか、上手に置かれていた方が観やすくて、ダンサーに集中して感情移入して観劇することができます。不思議です。バレエでは、舞台セットもダンサーと同じくらい重要なことなのでしょうね。

 このバルコニーのシーンというのは、ロミオが夜中にジュリエットの家の庭に忍び込んできて、それに気付いたジュリエットがバルコニーから庭に下りてきて、2人で踊るというものです。最後はジュリエットがまたバルコニーの上に帰り、下のロミオと見つめあって、名残惜しそうにしてわかれて終わります。これは、この作品で特に目に焼きつく感動のシーンなので、ぜひ、舞台セットや全体の色合いなどにもっと力を入れてこだわって欲しいと、観客の一人として願います。(これは批判ではなくて、お客としての希望です。)ニューヨーク・シティ・バレエのダンサーたちもレベルが高いはずなのに、舞台セットとバルコニーの位置など周りのシーンが気になって気になって、気が散ってしまって、ロミオとジュリエットが熱愛中の恋人同士には見えず、クールすぎる印象を持ち、このシーンでは感動するまでには至りませんでした。

 最後の、ロミオとジュリエットが死ぬシーンは、舞台セットもダンサーたちの演技とも、とても良かったです。最後に、2人とも亡くなったところに彼らの両親と神父さんがかけつけて嘆き悲しんでいるシーンでは、とても感動して、鳥肌が立ちました。