ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 皆様、お元気でお過ごしですか?いつもご愛読いただいてありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。  ニューヨークは、今年は異常気象で12月半ばになっても暖かかったのですが、だんだん寒くなってきました。12月は面白いダンス公演がたくさんあったので、今月号、来月号にわたってレポートをお送りいたします。

パブロ アスランズ アバンタンゴの「タンゴ!」

 11月11日に、アルゼンチンタンゴの生演奏公演が、NYUスカーボールセンターで行われました。これは音楽の公演ですが、ゲストダンサーたちが本格的なアルゼンチンタンゴの踊りを披露するので、ダンスを鑑賞するために観に行きました。とても良かったです。行って大正解でした。日本の流行はどうなっているかよく存じませんが、ニューヨークはタンゴを習っている人たちがとても多くて、大盛況です。この公演の会場も満員で、チケットはソールドアウトでした。タンゴは、大人になってからでもやり始めることができるダンスなので、人気が高いのでしょうね。

 バンド名は、パブロ アスランズ アバンタンゴです。メンバーはほぼ全員生粋のアルゼンチン人です。ジャズとタンゴを混ぜて現代的にアレンジしたものでしたが、オーソドックスなタンゴ演奏が多く、私から見れば、エキゾチックでとても面白かったです。ゲストで、バークリー音楽院で勉強中の女性歌手が歌を数曲歌いました。

 

フランシスコ&ナターリャ

サンドール&パリッサ

 
 ダンサーたちは男女ペア2組で、フランシスコ・フォルケーラ&ナターリャ・ヒルス、サンドール&パリッサです。公演の演奏中、ほとんどの曲がダンス付きで、ダンサーたちはかわるがわる、ずっと出ずっぱりでした。本格的なアルゼンチンの人たちのタンゴなので、見応えがありました。すごい勢いで、男性が女性をビュンビュン振り回して、女性は足を跳ね上げたり、リフトされて上で回転する難易度の高い技を入れたり、とても面白かったです。女性を上にかついで上で10回転以上ブンブン回す大技が出た時には、会場はどよめきと拍手で埋まりました。