ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

皆様、こんにちは。ニューヨークは、暖かくなったと思ったら、まだまだ寒い日が続いています。頭痛風邪が流行っていて、私もかかってダウンしてしまいました。寒いので、皆様も、お体にはくれぐれもお気をつけください。  さて、今はニューヨーク・シティー・バレエの冬のシーズン中で、2月26日まで公演が開催されています。今月号もそのレポートを書きました。また、先月号の取材先が多すぎて、書ききれなかった分も、今月号に加えました。いつもクリスマス・シーズンは、ニューヨークはおもしろい公演がたくさんあって、どれを観ようか本当に迷います。

ニューヨーク・レベルズの「ザ・クリスマス・レベルズ」

去年12月9日から11日まで、マンハッタンのアッパーウエストにある、シンフォニー・スぺースで、ニューヨーク・レベルズによる、「ザ・クリスマス・レベルズ」の公演がありました。毎年、イギリス系移民の間で恒例の公演のようなので、行ってみました。この公演は、クリスマスシーズンに、8カ所の都市で行われるそうです。
 ニューヨーク・レベルズは、ニューヨークのブルックリンにあり、1979年に創立されました。伝統音楽やダンス、ドラマの理解と教育のために作られた団体です(www.nyrevels.org
 出演者の人数は膨大で、大人から子供まで、舞台上は人であふれかえっていました。楽屋も足りないらしく、シアターの通路で着替えている男性たちも多勢いたほどです。全部で100人くらいは出演していたようです。

※写真をクリックする別ウィンドウで大きな画像をご覧になれます。

この公演は、歌とダンス、演劇のミックスされたものでした。クイーン・エリザベス1世の時代の、イギリスの音楽とダンスです。歌われた曲は1500年代のものが中心でした。衣装もその当時のものです。
ダンスは、プロのダンサーが踊るような難易度が高いものではなくて、普通のおじさんやおばさん、小さな女の子でも踊れるような、フォークダンスのようなものばかりでした。4人の男性が、剣をつかって輪になって踊るものもありました。

この日は、イギリスに数年間住んでいた友人と観劇しましたが、彼女は、「ニューヨークにいながら、イギリスに帰ったみたいな気分。このダンスも音楽も、イギリスのあちこちでよく行われている、とてもポピュラーな伝統的なもので、とてもイギリスらしい」と語っていました。客席も、イギリス人ばかりが集合していたようです。きっと、彼らは、祖国のイギリスの空気を味わいに来ていたのでしょうね。