ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

●クラシック音楽をタップダンスのソロで踊ったサヴィオン・グローヴァ―

1月4日から23日まで、現在のタップダンスの第一人者であるサヴィオン・グローヴァ―による「クラシカル・サヴィオン」の公演がありました。

ジョイスシアターでは、通常は1週間公演が普通ですが、これは異例の3週間公演です。人気があるからでしょう。 サヴィオンは、今は亡きタップの巨匠であるグレゴリ―・ハインズの甥で、2、3歳からタップをやり始めたといいます。 大ヒットとなったブロードウェイミュージカル『ブリング・イン・ダ・ノイズ、ブリング・イン・ダ・ファンク』の振付で、96年にト二―賞を受賞しました。

今回の公演では、楽団の生演奏の音楽で、彼が全編ソロでタップダンスを踊り、とてもゴージャスな公演でした。私の好きな楽器である本物のハープシーコードが使われていて、驚きました。 これは1台、少なくとも200万円くらいするものです。バロック音楽に使われる古い楽器です。舞台真中に、タップの音がよく響くように、厚さ20センチ位の、木で出来た台が置かれ、彼はその上で踊っていました。 衣装は、正装のタキシードを着ており、暑くなったら上着を脱いで踊りました。

ヴィヴァルディやバッハなどのクラシック音楽でタップをするという、 新しい独自の試みでした。クラシック音楽とタップダンスという意外な組み合わせは、観るまではどんなものか想像がつきませんでしたが、クラシック音楽にタップのビートが入っても音が合っていました。 彼の踊りは、とても強弱の強い、メリハリのあるものです。ずっと最初から最後まで休憩無しのノンストップのステージで、ソロで1時間半は踊りつづけたので、汗だくで大変そうでした。 全身、リズム感のかたまりのようでした。最後に、ジャズのバンドに代わり、ジャズに合わせながらタップを踏んでいました。サヴィオンが、マイクを持って歌う場面もありました。