ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

●マース・カニングハムの『イベンツ』

12月14日から19日まで、マース・カニングハム・ダンス・カンパニーの公演の『イベンツ』が、ジョイスシアターにて行なわれました。日本人ダンサーのミズタ・コウジも出演していました。このカンパニーはニューヨークにて、1953年夏にブラック・マウンテン・カレッジで始まり、50周年を迎えました。当時のメンバーには、ポール・テイラーもいて、ミュージック・ディレクターはジョン・ケージでした。他にも数々の大御所を輩出してきました。カニングハムは、70年代から数々のビデオやフィルムダンスを振付してきました。この公演は、毎日それぞれ、ミュージシャンと作曲家、舞台背景のアーティストを替えて上演していました。

カニングハムは現代のモダン・コンテンポラリー・ダンスの巨匠で、ワシントン生まれ。1939年から1945年まで、マーサ・グラハムのカンパニーでソリストを務めました。

舞台の左下(客席端)にDJのターンテーブルが2台あり、DJが音を操作していました。リズムは無く、ビョンビョンとした電子音などを出していました。音楽は電子音で、ほとんどが不協和音だったので、だんだん不快になってきました。振付は、一つ一つの動作は別に難しいことは一つも無かったですが、とても個性的でした。追いかけたり、じゃれて遊んでいるような動きや、引っ張り合って遠心力を使ったような動きがありました。くるくる回りながら動く振付が多かったです。例えば、回転しながら前にアティテユ―ドしてパッセになり後ろにアラベスクをしながら進んでいったりしていました。踊りの早さ、リズムはまちまちで、ゆっくり動いたり、止まったり、早く動いたりしていました。パッセで止まったり、アラベスクをして足を上げたまま長い間止まる部分も多かったので、ダンサーの9割方はヨロヨロとしていて、バランスを取りにくそうにしていました。プロでもヨロヨロするなんて、難しい振付だったのでしょうか? 女性ダンサーたちの体型は、コンテンポラリーだからなのか全員寸胴でウエストが無かったです。クラシックは、足を上でキープしたまま上半身もアップするという動作が多いので、バレリーナはウエストが細くてスタイルがいい人が多いのでしょうね。ニューヨークのダンサーから聞きましたが、ダンスを学ぶ前に、その先生の体型を見て、いいスタイルの先生のクラスを取らないとだめだ、その先生と同じような体型になってしまうから、とのことでした。この女性ダンサーたちを見ていると、そんな話を思い出しました。

最後に、カニングハムが、ツエを付いてヨボヨボと舞台挨拶に出てきてお辞儀をした時は、観客は感激して総立ちでした!この挨拶は感動的でした。私も思わず立ち上がって拍手を送りつづけました。