ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

●グレゴリー・ハインズがコラボレートしていたジャズ・タップ・アンサンブル



 11月23日から28日まで、ジョイスシアターにて、ジャズ・タップ・アンサンブルの公演が行なわれました。25周年を迎える、アメリカならではのタップダンス・カンパニー。今は亡きタップダンスの巨匠グレゴリー・ハインズが、創立当初からコラボレートしていました。彼は2003年に57歳で亡くなっています。この公演では、彼の生前のタップダンスをしている映像がスクリーンで流れました。さすが、他のダンサーと何が違うかというと、重心がびくともしないのです! 映像での彼は、軽々と楽に踊っているようにしか見えず、とても余裕のあるタップを踏んでいました。アメリカの文化であるダンスとジャズ・ミュージックの2つを取り入れています。ハインズは、タップ・ダンサーだけに留まらず、俳優、歌手としても活躍しました。3歳になる前からタップダンスを始めたといいます。

現在の舞台監督はリン・ダリーです。楽しそうな公演で、観ていると思わず、タップを習いたくなってしまいます。ジャズバンドの生演奏に乗って、タップダンスが繰り広げられました。ピアノ、サックス、ベース、ドラムの4人のミュージシャンに、時々歌も入っていました。贅沢なひと時でした。伝統的なタップである、ビ・バップの早いテンポのものが多かったです。途中、バンドの演奏とダンスの交互にからむセッションもありました。