ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From London <ロンドン>: 最新の記事

From London <ロンドン>: 月別アーカイブ

アンジェラ・加瀬 text by Angela Kase 
[2010.09.10]

ボリショイのバレリーナの美と個性が際立った『コッペリア』

Petipa,Cecchetti,Vikharev:Coppelia
セルゲイ・ヴィハレフ復元振付『コッペリア』
london1009b01.jpg

日本より小さな国土に2つのロイヤル・バレエ団を擁し、他にも3つのバレエ団が定期的に公演を行う国イギリスでは、古典の名作から新作バレエを観るチャンスにはこと欠かない。
では『コッペリア』全幕を頻繁に観られるかというと、そうでもない。
ロイヤル・バレエにはイギリス・バレエの母、ニネッタ・ド・ヴァロワ版『コッペリア』、バーミンガム・ロイヤル・バレエはピーター・ライト版と、それぞれ優れたヴァーションをレパートリーに持ちながらそれらの全幕を楽しめるのは4、5年に1度といったところ。
久しぶりの上演ともなれば、プリンシパルからソリスト、群舞にいたるまで芸達者が揃う演劇の国イギリスならではの完成度の高い舞台を披露してくれる。
10年ほど前にはロイヤル・バレエのヴァロワ版『コッペリア』に、ABTから若き日のイーサン・シュティーフェルとアンヘル・コレーラが客演。ロイヤル・バレエの男性ダンサーと共に日替わりでフランツを踊り、それぞれが茶目っ気たっぷりのフランツでコベント・ガーデンの観客を魅了している。
国に2つの優れたヴァーションが存在するせいか、海外の著名バレエ団がイギリス公演で『コッペリア』全幕を披露することは非常に稀である。
7月22日のヴィハレフ版『コッペリア』のロンドン初日を観る。

london1009b04.jpg

当初ロンドン公演初日も去年3月のモスクワ初演と同じくマリア・アレクサンドロワとルスラン・スクフォルツォフが踊る予定で、2日目にオシポワとロパーティン、3日目の夜にオシポワとスクフォルツォフが公演すると発表されていた。それが直前になってアレクサンドロワが降板。オシポワがスクフォルツォフと初日をつとめることになったことは初めにお知らせした。

06年、07年のイギリス公演では新進スターであったオシポワも、今ではボリショイの看板バレリーナの存在感を備えつつある。元々の身体能力の高さに加え演技力、そして風格が増し、07年5月ボリショイ新劇場のバックステージで『ミドル・デュエット』の出番直前や同年12月のイタリア・トリノ王立劇場の『ジゼル』全幕主演直前にナーバスになっていた少女の面影は今では微塵もない。
村娘のスワニルダ役は似合いで、登場後のスクフォルツォフ扮するフランツとの蝶をめぐってのやりとりで、蝶を殺して帽子の飾りにしてしまうフランツにむくれる姿や、いくら振っても音をたてない麦の穂にうなだれる姿が愛らしかった。
今年24歳のオシポワはスタミナも十分で、2幕でコッペリウス博士の工房に忍び込んだ後のスコットランド人形やスペイン人形に扮してのソロでも疲れ知らずだ。

今回ボリショイが披露したヴィハレフ版は、女性バレリーナを前面に押し出した振付で、フランツが最後の結婚のグラン・パ・ド・ドゥまで殆ど踊らないのが残念で
ならなかった。140年前の初演当時は、男性役も女性が踊っていたことを思えば、原点版に近い作品にしているのだろう。
ただ優れた男性ダンサーのいないバレエ団が上演するための改作ならまだしも、踊り手の舞踊技術が目覚しい発達を遂げた21世紀に、バレエ界の頂点に君臨するボリショイ・バレエが上演する版としてはどうかと思う。

london1009b02.jpg

また衣装についていうと、1幕の村娘や村人の衣装に赤・黄・青の原色が使われ、結婚式のパ・ド・ドゥでスワニルダとフランツが着ているのもまた赤。原色が多用され非常にロシア的な雰囲気を感じたが、結婚衣装に「赤」というのはどうだろう。
結婚式の花嫁であるはずのスワニルダは、肩や胸元の露出も多く、貴族の娘かと見まごうほどの豪華な衣装で頭にはティアラをつけている。「曙」「祈り」「仕事」といった村人の暮らしに密着した踊りが踊られる3幕のディベルティスメントのソリストの衣装や髪飾りも村祭りにしてはあまりにも豪奢なので、首をかしげてしまった。

ボリショイ・バレエの引越し公演ともなればチケットの値段も高価だ。観客の投資を裏切らない水準の美しい芸術の世界にひたらせてくれたことには大いに感謝したいが、ヴィハレフ版は『コッペリア』は、その昔のヨーロッパの農村の現実とはあまりに程遠い夢の世界を描いているように見え、バレエにもリアリズムを重視するイギリスで長いこと生活をする私の目には奇異に映った。

当日「暁」を踊ったのはクリサノワ、「祈り」はニクーリナ、「仕事の踊り」を率いたのはヤッツェンコ、ヴィハレフ版にはこれに加え「フォリ」(お祭り騒ぎの踊り とでも訳すべきか)というソロがあり、レオノワが踊った。
年齢や身長にバラつきはあるが、クリサノワの洗練、ニクーリナの清純、バランシンから古典、キャラクター色の強いソロまで何を踊っても素晴らしい表現力を見せるヤッツェンコのアーティストとしての充実、レオノワの豪奢と、ボリショイの女性バレリーナの美と個性の共演を十分楽しむことができた。

1、2幕と見せ場の少ないヴィハレフ版の男性主役をつとめたスクフォルツォフは、結婚のグラン・パ・ド・ドゥで芸術性あふれるエレガントなソロを披露。1幕で主演バレリーナの影となり、女性を最も美しく見せるサポートに徹し、3幕で自らの踊り手としての資質を十二分に見せるスクフォルツォフは、ボリショイのダンスール・ノーブルの継父に見事に連なり、ロシア・バレエの栄光は未だ不滅のものであることを当日コベントガーデンに集まった批評家と観客に強く印象付けたのであった。
(2010年7月22日 ロイヤル・オペラ・ハウス 当日午後の最終ドレス・リハーサルを撮影)

london1009b03.jpg london1009b05.jpg london1009b06.jpg
london1009b07.jpg london1009b08.jpg london1009b09.jpg

撮影: Angela Kase
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。