ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From London <ロンドン>: 最新の記事

From London <ロンドン>: 月別アーカイブ

船引怜美 text by Remi Funabiki 
[2004.05.10]

●ロイヤル・バレエ、ギエム&ル・リッシュの『ロミオ&ジュリエット』

 シルヴィ・ギエム&ニコラ・ル・リッシュという夢の キャスティングの『ロミオ&ジュリエット』は、2001年より3年連続で、ここロイヤル・バレエで上演されています。パリ・オペラ座のレパートリーにはな いマクミラン版での競演ということもあり、毎回彼らの競演は大変な注目と期待が集まります。

前回・前々回のシルヴィのジュリエットとしての役作りは、シェイクスピアの原作やマクミランの演出に描かれたジュリエット像とはかけ離れた彼女独自の解釈 に、作品としての違和感を覚えましたが、今回は異なりました。今回のジュリエットは非常にシャイで、唯一心を開く乳母には少し強気なジュリエット像。仮面 舞踏会での衝撃的なロミオとの出会いからは、1秒ごとに高まっていくロミオへの想いは彼女の身体から溢れ、感情すべてがムーブメントとして表現されます。 ジュリエットの鼓動の高まりと共に観客も鼓動の高まりを覚えました。一つ一つのムーブメントにプロコフィエフの音楽の深さ、広がり、ニュアンスを表現し、 シルヴィ演ずるジュリエットの感情すべてをマクミランの振付・演出に溶け込ませて演じています。この音で立ち上がり、泣き崩れ、キスをするという振付けら れたものを演ずるのではなく、人間の最も自然な感情の表れが音楽と振付・演出に溶け込み舞台に存在していました。ロミオがマンチュアへ追放される朝の寝室 のパ・ド・ドゥでは、ロミオが自分の叔父であるティボルトを殺害してしまった事実を理解しながらも、別れることを納得できない、持って行き場のない複雑な 感情をこれほどまで完璧に表現したジュリエットは見たことありません。

ニ コラ演ずるロミオは非常に心優しく、純真、子供っぽさ溢れるキャラクター。マキューシオ/ジュリエットの死にただ逆上して剣を取り、ティボルト/パリスを 殺すのではなく、目の前に横たわるマキューシオ/ジュリエットの姿を信じることが出来ず、取り乱し…という非常に複雑な心理変化を完璧に表現していまし た。どんな小さなムーブメントからもニコラ演ずるロミオの優しさ、繊細さは見て取ることが出来ます。新聞各紙でもニコラの演技力の高さは絶賛されていま す。以前からの怪我の状態が心配されましたが、柔軟性のある跳躍、彼のロミオ像を的確の表現するエネルギーと喜びに溢れるムーブメントは(怪我という事実 を心配せずにはいられない箇所はありましたが)完全な復帰を予感させてくれました。

シルヴィとニコラのパートナリングは会話そのものです。通常よりもかなりゆっくりとしたオーケストラの演奏には、二人の感情表現の深さ、二人が創り上げた ロミオとジュリエットのキャラクター、パーソナリティーが映し出されています。ストーリーから直接的に連想される、“初恋”、“喜び”、“悲しみ”という 単純な感情ではなく、それぞれの生まれ育ってきた貴族社会の環境と、理性的にコントロールすることのできない恋愛感情の間に生じる複雑な心理が描写されて います。精神と身体が完璧にバランスのとれたムーブメントやリフトは、彫刻のように美しく、観客の心に焼きつきました。バレエ『ロミオとジュリエット』を 観ているのではなく、目前で起きている現実の話のように鮮明な舞台に観客は引き込まれていきました。第3者的に鑑賞するのではなく、その世界に入り込んで すべてを肌で体験するような舞台でした。

ゼナイダ・ヤノフスキーの街の女、リカルド・セルベラのマキューシオ、ジョナサン・ハウエルのベンヴォリオ、ウィリアム・タケットのティボルト、彼らそれ ぞれのキャラクターも完璧にムーブメントに映し出されていました。役を演じているダンサーではなく、マクミランの演出を超越して彼らしか演ずることの出来 ないキャラクターが舞台に存在していました。テクニカルな面で何も問題がないことは言うまでもありません。テクニックなどという観点を超越して、ダンサー 一人一人の表現が『ロミオとジュリエット』特別なものにしました。

「シルヴィのジュリエットを観ることが出来るのはこれが最後だったのではないか?」と、各紙では囁かれています。シルヴィ本人またはロイヤル・バレエの正 式な発表に基づくものではないために、単なる噂には過ぎません。しかし、裏付けられる点(シルヴィの年齢的問題、上演スケジュールの問題)もいくつかある だけに、ただひたすら、「これは、最後ではなかった」と信じる思いは皆同じです。
その他には、6人のジュリエットの友人の中で、ひときわしなやかなアームス、美しいアラベスクのライン、上品さ溢れるムーブメントが印象的だった小林ひかるの今後の活躍が大変期待されます。

『ロミオとジュリエット』
イザベル・マックミーカン
(町の女)


『ロミオとジュリエット』
ベネット・ガーティサイド
(ヴェローナの太守エスカラス)


『ロミオとジュリエット』
仮面舞踏会