ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

 
[2009.08.24]

日本初 スクール・オブ・アメリカン・バレエ夏期講習オーディション開催決定!

 ニューヨーク・シティ・バレエ2009来日公演特別企画として日本初のニューヨーク・シティ・バレエ付属学校、スクール・オブ・アメリカン・バレエ(SAB)の2010年夏期講習(Summer Course)オーディション開催決定。
SABはバランシンが1934年に作ったバレエ学校であり、NYCBのダンサーのほとんどがこのアメリカ随一の名門校の卒業生。また世界中の超一流バレエ団で活躍している卒業生も多く、ジュリー・ケント、イーサン・スティーフェルらABTプリンシパルや、日本人ではNYCBのプリンシパルとして活躍し、現在セントルイス・バレエ芸術監督を務める堀内元、堀内充、小林十市(元ベジャール・バレエ・ローザンヌ)、中村かおり(パシフィック・ノースウエスト・バレエ)らなどがいる。
このオーディション、北米以外出張して行ったことは今までなく、海外で行うのはなんと初めて。ニューヨーク・シティ・バレエの来日公演に合わせて、日本でオーディションを行うという新たな試みだ。オーディションを進行するのは、NYCBのプリンシパルであり、SABの教師陣でもあるダーシー・キスラーやジョナサン・スタフォードら。日本に眠るバレエダンサーの卵たちが、世界に挑戦するチャンス!!

詳細は、NYCB公式ホームページ http://www.nycb2009.jp

SAB夏期講習オーディション概要
応募資格:
中級(intermediate)と上級(Advanced)レベルで2010年の6月30日の時点で12才〜18才の男女

開催日:
1.10月11日(日) 2010年6月30日の時点で12才から15才の男女
2.10月12日(月・祝) 2010年の6月30日の時点で16才〜18才の男女

受付:午前8時
集合:Bunkamuraオーチャードホール楽屋口
オーディション:午前9時〜午前11時 Bunkamuraオーチャードホール リハーサル室
オーディション参加費:7,500円
※オーディションの当日受付での支払い(現金のみ)

申込方法:
メールにて受付。sab@kyodotokyo.comに名前(ふりがな必須)、生年月日、年齢、住所、電話番号、Eメールアドレスを明記して9月30日(水)までに送付。
但し、定員各日60名に達し次第受付終了。

オーディション時の服装:
女性:無地のレオタード、バレエタイツ(ピンク)、トウシューズ、バレエシューズ
※女性のオーディションはほぼトウシューズで行われますが、バレエシューズもご持参下さい。
男性:無地のTシャツ、黒タイツ、バレエシューズ

オーディション当日に必要な書類:出生証明書または、パスポート

注意事項:
保護者、関係者、バレエ学校の教師等の見学は一切できません
国籍は問いません。

SAB夏期講習オーディションに関するお問合せ先 sab@kyodotokyo.com
(メールにてのお問合せのみになります)
 
<SAB夏期講習概要>

オーディション合格者は5週間にわたるSAB夏期講習を受講する。
SABはニューヨークのリンカーンセンターに位置し、毎年約2,000名の応募者の中から、約200名のアメリカを含む世界中の生徒が夏期講習を受講している。SABの教員陣は、ピーター・マーティンスを筆頭に、多くのNYCB出身ダンサー、また現在も活躍中のダンサーが名を連ねる。

期間:2010年6月23日〜7月30日
場所:リンカーンセンターのSAB校舎(アメリカ合衆国、ニューヨーク)
住所:70 Lincoln Center Plaza, New York, NY 10023
受講料:Tuition fee $2,800(US)
部屋代・食事代:room and board fee:$3,020(US)

英語サイト:www.sab.org/summercourse
 
ニューヨーク・シティ・バレエ

●10/8(木)〜12(月・祝)
●Bunkamuraオーチャードホール
●S席18,000円/A席14,000円/B席9,000円
※3演目S席セット券49,500円、発売中。
限定枚数、キョードー東京のみ扱い
●開演時間=平日19:00、土・日13:00/18:00、祝13:00
●お問い合せ=公式サイト http://www.nycb2009.jp/