ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

 
[2017.09.30]

勝どきのダンスキューブ・カフェで展示されている薄井憲二 バレエ・コレクションの企画展示が京都、神戸で開催される

<「薄井憲二バレエ・コレクション」の逸品を訪ねて>は、Dance Cubeで連載中だが、10月10日更新号では<白鳥の湖 2>が掲載される。その連載と連動して勝どきのダンスキューブ・カフェでは、画像を中心とした展示が10月10日(火)まで行われている。
<白鳥の湖 2>展示は、『白鳥の湖』を踊って大成功を収めた20世紀のスター、バレリーナたちの画像が中心。トレフィロワ、エゴロワ、スペシフツェワ、ウラノワ、プリセツカヤ、ストルチコーワ、ダニロワ、バロノワ、そしてジークフリートを踊ったプレオブラジェンスキーの舞台姿が飾られている。そして20世紀初期の『白鳥の湖』の公演プログラム(マリインスキー劇場、モンテカルロ歌劇場)も展示されている。
勝どきのダンスキューブ・カフェの展示は不定期だが、順次続けていく予定なので、今後もDance Cubeでご紹介していく。

1709usuiten.jpg

また、「薄井憲二バレエ・コレクション」を所蔵している兵庫県立芸術文化センターでは、Dance Cubeの連載 と連動して、第65回常設展「バレエ・リュスを彩ったダンサーの肖像」を12月24日(日)まで開催中だ。さらに11月3日(金)からは、Dance Cube連載の関連企画「薄井憲二 バレエ・コレクション 2017企画展『白鳥の湖』初演140周年」を開催する。

さらに12月12日(火)〜24日(日)には、京都の「綾小路ギャラリー武」では薄井憲二バレエ・コレクション特別展「バレエと日本趣味(ジャポネズリ)」Kenji Usui Ballet Collection Ballet and Japonaiserie が開催される。
兵庫県立芸術文化センター所蔵「薄井憲二バレエ・コレクション」が初めて京都で展示される。「日本におけるチェコ文化年」である今年、各地で注目を集めているアルフォンス・ミュシャが手がけたアンティークプリント(パリ・オペラ座『夢』1890年)を中心とする「バレエと日本趣味」のテーマに加え、ジャン・コクトーの描いたワツラフ・ニジンスキーやアンナ・パブロワのポスターなど、薄井氏(京都市在住)が本展のために選ばれた逸品を展示する。

詳細は下記の通り

薄井憲二バレエ・コレクション特別展「バレエと日本趣味(ジャポネズリ)」
Kenji Usui Ballet Collection Ballet and Japonaiserie


【日時】2017年12月12日(火)〜24日(日)12:00〜19:00(最終日17:00まで / 月曜休み / 入場無料)
【会場】綾小路ギャラリー武 京都市下京区綾小路通高倉東入ル高材木町228-3 Tel:075-351-4787
【主催】薄井憲二、綾小路ギャラリー武、学校法人京都バレエ 京都バレエ専門学校(順不同)
【協力】兵庫県立芸術文化センター 薄井憲二バレエ・コレクション Tel:0798-68-0223
【監修】関典子(薄井憲二バレエ・コレクションキュレーター/神戸大学准教授)

▼薄井憲二バレエ・コレクション
http://www1.gcenter-hyogo.jp/ballet/index.html