ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

文・写真/アンジェラ加瀬 
[2013.10.24]

エフゲーニャ・オブラスツォーワ、ロイヤルに客演しマクミラン版のジュリエットを踊る

10月22日、ボリショイ・バレエのエフゲーニャ・オブラスツォーワがロイヤル・バレエに客演し、マクミラン版の『ロミオとジュリエット』を主演した。

相手役はスティーヴン・マックレー。先シーズン末のアリーナ・コジョカルによるロイヤル・バレエ退団により共演相手を失ったマックレーのために、バレエ団がオブラスツォーワを招聘し、2人による共演が実現した。

オブラスツォーワとマックレーは、まず10月19日(土)午後の公開ドレス・リハーサルに登場。
バレエ団とロイヤル・オペラをサポートするコベント・ガーデン友の会会員とバレエ関係者、舞台写真家の前に姿を現した。ゲネプロ、共演デビュー当日共に、多くの観客がオブラスツォーワのジュリエットに心揺さぶられ、感動の涙を流した。

11月14日には2度目にして最後の本公演での共演が予定されている。
ロイヤル・バレエの『ロミオとジュリエット』は早くからチケットが完売になっており、2人の公演を観たいと熱望するファンによる当日券の争奪戦が過熱しそうだ。

1310rb_rj.jpg(C) Angela Kase by kind permission of the Royal Opera House