ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

アンジェラ・加瀬 
[2013.07.12]

バーミンガム・ロイヤル・バレエ(BRB)がダンサー入退団、昇進を発表

BRBは7月6日、ツアー先のアイルランドの首都ダブリンで2012・13シーズンを終了。終演後、芸術監督デヴィッド・ビントレーから昇進者の発表があった。

1307brb01.jpg 平田 桃子 photo/Angela Kase

昇進者は3名で、ファースト・ソリストの平田桃子とタイロン・シングルトンがプリンシパルに、アーティストのジャン・イージンがファースト・アーティストに昇進する。平田とシングルトンはともに2003年にBRBに入団。シングルトンは2011・12シーズンの終わりにはビントレー振付『遥か群集を離れて』の熟年豪農ボールドウッド、今シーズンは『シンデレラ』の王子、ライト版『白鳥の湖』のジークフリートとロットバルトの2役、『ジゼル』のヒラリオンを踊るなど様々な役に活躍。平田は昨年秋にアンヘル・コレーラのバレエ団からBRBに戻ってから『真夏の夜の夢』『白鳥の湖』『シンデレラ』『アラジン』『コッペリア』の女性主役を踊り、セザール・モラーレスとしっとりとしたパートナーシップを築いている。
今回の昇進により秋からのBRBには日本人プリンシパルが佐久間奈緒と平田桃子の2人に、またシングルトンの昇進によりBRB史上初めて黒人系ダンサーがプリンシパルの座を射止めたことになる。

1307brb02.jpg タイロン・シングルトン photo/Angela Kase 1307brb03.jpg ジャン・イージン photo/Angela Kase

退団者は昨年12月にプリンシパルのマシュー・ローレンスがバレエ団を離れ、現在オーストラリアのクィーンズランド・バレエで活躍している他、4月のアメリカ公演でキャロル・アン・ミラーが、7月をもってプリンシパルのアンブラ・ヴァッロ、ファースト・ソリストのヴィクトリア・マール、群舞のクリステン・マクギャリティーとローラ・ダヴェンポートがバレエ団に別れを告げた。

今年ロイヤル・バレエ・スクール(RBS)よりBRBに入団が決まったのは、ニキーター・ルール、シャン・ヤオクィン、2010年のローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞後RBSで学んでいた佐々木万璃子などの女子3名。BRBの付属校であるエルムハースト・スクールより昨年夏に同校を卒業し、今年2〜3月[
『アラジン』にエキストラ出演していた男子マイルズ・ジリヴァーが入団する。
またビントレーの勧めで新国立劇場バレエ団に移籍、活躍していた厚地康雄がBRBに復帰予定。
ここ数年イギリスはEU加盟国以外からの外国人の就労ビザ発行に対し厳しい姿勢で臨んでおり、去年はオーストラリア出身の男子ラクラム・モナハンに対する就労ビザの発行に時間がかかった。厚地やRBSから入団予定の佐々木、同じく同校から入団予定の中国人女子のシャンらは就労ビザが取れ次第バレエ団と活動を共にする。