ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

 
[2017.12.19]

「横浜ダンスコレクション2018 SESSION / TRACE / HOME」全公演プログラムが発表された

1802SESSION01.jpg “Parade for the End of the World” Photo: COS-KREA

23回目を迎える2018年開催では、「SESSION / TRACE /HOME」をテーマに、世界的に活躍するアーティストによる領域横断的なクリエーションや、国内外のコンテンポラリーダンスシーンをリードする振付家による新作と再創作、近年の受賞振付家による意欲作を上演。
国内外で活躍するアーティスト100名以上の参加が決定し、新解釈で生まれ変わるバレエ・リュス『Parade』など、全公演プログラムが発表となった。
また、コンペティションや、ワークショップ、屋外パフォーマンス、展覧会などの多彩なプログラムが、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜にぎわい座 のげシャーレ、象の鼻テラスで開催される。


横浜ダンスコレクション2018 SESSION / TRACE / HOME
会期:2018年2月2日(金)〜18日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜にぎわい座 のげシャーレ、象の鼻テラス
チケット:チケットカンフェティ http://confetti-web.com/
TEL:0120-240-540(平日10:00-18:00)
お問合せ:横浜赤レンガ倉庫1号館 TEL:045-211-1515
http://yokohama-dance-collection.jp/

【公演プログラム紹介】

1802SESSION02.jpg Photo: COS-KREA

<ダンスクロス>
ジェレミー・ベランガール|渋谷慶一郎|ジュスティーヌ・エマール
『Parade for the End of the World』(日本初演)
音楽をエリック・サティ、衣装・美術をパブロ・ピカソ、脚本をジャン・コクトー、振付はニジンスキーの後を受け継いだレオニード・マシーンが手がけ、バレエ・リュスにより、1917 年パリ・シャトレ座で上演された『Parade』。誕生から 100 年を迎え、ジェレミー・ベランガール、渋谷慶一郎、ジュスティーヌ・エマールにより、ダンス、音楽、映像、3つの媒体が幾重にも重なり融合し、新しい解釈で生まれ変わる。
公演日時:2 月 15 日(木)19:30、16 日(金)19:30、17 日(土)17:00、18 日(日)17:00
会場:横浜赤レンガ倉庫 1 号館 3F ホール
 

1802SESSION03.jpg Photo: Masunaga Yasuyuki

<オープニングプログラム>
矢内原美邦
Nibroll『コーヒー』
身体に宿る記憶、記憶を写す身体。Nibroll のメンバーが 17 年前に感じた「いつからコーヒーが飲めるようになったのだろう、いつから大人になったのだろう…」という大人になる曖昧な境界線と風化しない記憶・身体の記憶を重ね合わせた『コーヒー』が新たな作品として語り継がれる。
公演日時:2 月 2 日(金)19:30、3 日(土)17:00、4 日(日)17:00
会場:横浜赤レンガ倉庫 1 号館 3F ホール
 
<db×YDC 共同製作>
寺田みさこ | 塚原悠也 | チョン・ヨンドゥ | マルセロ・エヴェリン
『三部作』
幼少から培ってきたバレエを基礎とし、コンテンポラリーダンスとの領域を横断しながら活動する寺田みさこが、他者と自分の身体を「共有」して生まれる表現を身体に宿す。
チョン・ヨンドゥ、塚原悠也、マルセロ・エヴェリンという、世代、バックグラウンド、ダンスのキャリアの異なる三人の振付家が寺田みさことクリエーションする三部作。
公演日時:2 月 15 日(木)17:00、16 日(金)17:00
17 日(土)14:30、18 日(日)14:30
会場:横浜にぎわい座 のげシャーレ

<ダンスクロス | アジアセレクション>
浜田純平 | キム・ジヨン | 下島礼紗
浜田純平『Sank you very much』(日本初演)
優れたテクニックと緻密な構成力が評価され、横浜ダンスコレクション 2016「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞した浜田純平が、フランスでの 6 か月間のレジデンスプログラムにて創作した作品を上演。
キム・ジヨン『MAT (MAN) NAN』(日本初演)
韓国最大級の舞台芸術フェスティバルである SeoulPerforming Arts Festival のコンペティション「ソウルダンスコレクション 2016」受賞作。

下島礼紗『sky』(世界初演)
白いオムツを履いて踊りまわり、圧倒的な存在感をみせつけた『オムツをはいたサル』で横浜ダンスコレクション 2017 コンペティション II「最優秀新人賞」と「タッチポイントアートファウンデーション賞」を W 受賞した下島礼紗による新作。
2 月 3 日(土)14:00、4 日(日)14:00 | 横浜にぎわい座 のげシャーレ

コンペティションⅠ 受賞者公演
Aokid × 橋本匠『we are son of sun!』(世界初演)
横浜ダンスコレクション 2016 で審査員賞を受賞した Aokid ×橋本匠。
美術やデザインなど、幅広い活動に定評のある 2 人は、身体と物とが等価に置かれたポップで居心地がよい空間を生みだし観る人を魅了する。
2 月 13 日(火)19:30、14 日(水)19:30
象の鼻テラス

Competition Ⅰ
9 ヵ国 106 組の応募から映像・書類審査を経て選ばれたファイナリスト 10 組による作品上演。
2 月 10 日(土)16:00、11 日(日)16:00 ※上演順未定
横浜赤レンガ倉庫 1 号館 3F ホール
10 日:北尾亘、田村興一郎、タリノフ ダンス カンパニー、キム・ソヨン、マイケル バリー アルバス ケ
11 日:大石裕香、四戸賢治、水中メガネ∞、チェ・ミンソン/カン・ジンアン、イー・ギョング

Competition Ⅱ 新人振付家部門
振付家としての活動を目指す 25 歳以下の新人 31 名から映像・書類審査を経て選ばれたファイナリストによる作品上演。
2 月 8 日(木)19:30、9 日(金)19:30 ※上演順未定
横浜にぎわい座 のげシャーレ
8 日:池上たっくん、小林菜々、斉藤稚紗冬、髙宮梢、長岡慧玲奈、永野百合子
9 日:今枝星菜、 岡﨑彩音、加藤哲史、栗朱音、小林利那、髙瑞貴

主催:横浜赤レンガ倉庫 1 号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
共催:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、
横浜にぎわい座[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
助成:平成 29 年度文化庁国際芸術交流支援事業