ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

香月圭 
[2017.04.22]

2017年第41回ローレンス・オリヴィエ賞発表

イギリスで最も権威ある演劇賞であるローレンス・オリヴィエ賞。第41回目を迎えた本年度の授賞式が4月9日ロイヤル・アルバート・ホールで行われた。その中の舞踊部門についてお伝えしよう。

■最優秀新作ダンス部門
クリスタル・パイト振付、演出、ジョナサン・ヤング作『ベトロッフェンハイト』
“Bettroffenheit”(サドラーズ・ウェルズ劇場公演)

■「ダンス界における際立った功績」部門

イングリッシュ・ナショナル・バレエ
アクラム・カーンの『ジゼル』と『She said』によりレパートリーの幅を広げたことに対しての受賞。(サドラーズ・ウェルズ劇場公演)

■最優秀振付家部門

マシュー・ボーン(『赤い靴』振付)(サドラーズ・ウェルズ劇場公演)

■家族向け最優秀エンターテインメント作品
『赤い靴』(マシュー・ボーン振付)(サドラーズ・ウェルズ劇場公演)

コンテンポラリー新作のなかで最も優れた作品と評されたのは、カナダ出身の新進女性振付家クリスタル・パイトの作品。
芸術監督タマラ・ロホのもとでアクラム・カーンをはじめとするコンテンポラリーのレパートリーに力を入れているイングリッシュ・ナショナル・バレエの躍進は、英国舞踊批評家協会賞に続いてこの演劇賞でもあらためて評価された形となった。
マシュー・ボーンの『赤い靴』も英国が誇る最良のエンターテイメント作品として広く認知された。
ダンス部門で受賞した作品はすべてサドラーズ・ウェルズ劇場で上演されたもので、劇場の秀逸な作品選択眼が光った。

ローレンス・オリヴィエ賞オフィシャルサイト
http://www.olivierawards.com/
ローレンス・オリヴィエ賞公式Facebook
https://www.facebook.com/OlivierAwards/
ローレンス・オリヴィエ賞インスタグラム
https://www.instagram.com/olivierawards/

 

2017olivie01.jpg 最優秀新作ダンス賞を受賞したジョナサン・ヤングとパトリシア・パイト
Photo: Pamela Raith
2017olivie02.jpg 「ダンス界における際立った功績」部門賞を受賞したイングリッシュ・ナショナル・バレエのタマラ・ロホとパトリック・ハリソンにロバート・フェアチャイルド(左)とリアン・コープ(右)からブロンズ像が受け渡された。
Photo: Pamela Raith
2017olivie03.jpg 最優秀振付家賞を受賞したマシュー・ボーン Photo: Pamela Raith
2017olivie04.jpg 最優秀家族向けエンターテインメント作品賞をルーファス・ハウンドから授与されたマシュー・ボーン
Photo: Pamela Raith