ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

関口紘一 
[2017.07. 1]

速報! ルグリ・ガラでルグリ自身が踊るソロ『Moment』(ナタリア・ホレツナ振付)が完成した

_legris_horecna_(c)ashley-taylor_5.jpg Photo/Ashley  Yaylor

8月22日より開幕する「ルグリ・ガラ〜運命のバレエダンサー〜」で世界初演される、マニュエル・ルグリのソロ『Moment』が、振付のナタリア・ホレツナとの最後のリハーサルを終えて、ウィーン国立バレエのスタジオで完成した。
「その音楽を愛せないと踊ることはできない」というルグリの言葉を受けて、ホレツナはルグリとウィーン国立バレエ団専属ピアニストの滝澤志野の選曲提案を受け入れて振付けた。選ばれた曲は、 バッハプレリュード ハ短調BWV999バッハ(プゾーニ編曲)と「トッカータ・アダージョ・フ-ガ」BWV564よりアダージョの2曲。そして、ルグリの「一瞬、一瞬を表現していきたい」という会話から『Moment』というタイトルが付けられた。
ルグリとホレツナのリハーサルに参加し、作品の完成に立ち会ったた滝澤志野によると、その時ルグリは 「僕に再びダンサーとしての人生をもたらしてくれて、ありがとう」とホレツナに感謝の言葉を述べた。そしてホレツナからは滝澤へ、ピアノを弾く際の動きやタイミング、呼吸や気持ちの持ち方の細かい指示あり、「踊っているルグリを一切見ずに弾いてほしい。視覚ではなくて心で感じる繋がりを大切にしてほしい」と言われたそうだ。ダンスの動きと音楽の微妙にして繊細な関わり合いが感じとられるような言葉である。
(ルグリのインタビュー記事はこちら http://www.chacott-jp.com/magazine/interview-report/interview/post-130.html

リハーサルの動画を添付するので、動きの一つ一つを気持ちで抱きとめるようなルグリの動きを見ていただきたい。

__legris_horecna_(c)ashley-taylor_6.jpg _legris_horecna_(c)ashley-taylor_1.jpg _legris_horecna_(c)ashley-taylor_4.jpg
_legris_horecna_(c)ashley-taylor_2.jpg
_legris_horecna_(c)ashley-taylor_3.jpg
_legris_horecna_(c)ashley-taylor_7.jpg Photos /Ashley  Yaylor

Dance Cube Facebookページ https://www.facebook.com/Chacott.DanceCube/

■『ルグリ・ガラ〜運命のバレエダンサー〜』公演概要

【日時会場】
2017年8月19日(土)14:00開演 大阪/フェスティバルホール
8月20日(日)17:00開演 名古屋/愛知県芸術劇場大ホール
8月22日(火)〜25日(金)18:30開演 東京/東京文化会館大ホール

【出演】
マニュエル・ルグリ/イザベル・ゲラン(元パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
マリアネラ・ヌニェス/ワディム・ムンタギロフ(英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル)
オルガ・スミルノワ/セミョーン・チュージン(ボリショイ・バレエプリンシパル)
ウィーン国立バレエ団ほかより、全16名

【演目】
A・Bプログラム予定。内容は公式ホームページをご覧ください
http://www.legris-gala.jp/

【料金】S席18,000円、A席16,000円、B席14,000円C席9,000円、D席7,000円、E席5,000円ほか