ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

 
[2014.12. 9]

ロイヤル・オペラ・ハウス LIVE CINEMA SEASON 2014/15 英国より全国映画館へ中継上映

12月17日(水)はバレエ『不思議の国のアリス』
英国コヴェント・ガーデン王立歌劇場より全国映画館へ中継上映

1412_RBALICE.jpg © Johan Persson / ROH

英国ロイヤル・オペラ・ハウスの本拠地、コヴェント・ガーデン王立歌劇場で上演した作品を翌日に日本国内の映画館(全62館)へ中継上映する「英国ロイヤル・オペラ・ハウス Live Cinema Season」。
今シーズンは、10月に上映されたバレエ『マノン』を皮切りに2015年7月までの10か月間にわたり、珠玉の11作品(バレエ4作品、オペラ7作品)が上映(すべて1回のみ上映予定)される。
世界最高峰とも称される英国ロイヤル・オペラ・ハウスの最新の演目を、映画館の大スクリーンで、最高の映像と音質でお楽しみいただける絶好の機会、次回上映作品 バレエ 『不思議の国のアリス』。
2014年12月17日(水) 19時から、アリス役は英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパル サラ・ラム!

『不思議の国のアリス』

ルイス・キャロルの本をもとにしたクリストファー・ウィールドン振付の全幕バレエ。タップダンシング・マッドハッター、怒りっぽい白ウサギ、ひどく不機嫌で騒々しいハートの女王など誰でも知っているキャラクターが登場するパワフルで痛快なストーリー。
クリストファー・ウィールドンが作曲家ジョビー・タルボットや舞台美術家のボブ・クロウリーと組んで創作した本物のファミリーバレエ。そこにも子どもたちに愛されて止まないキャロルの名作の精神が息づいている。バレエファンならば、『眠れる森の美女』の「ローズ・アダージョ」のパロディが隠されている事に気付き、なるほどと頷くはずだ。たとえばバラがタルトに代わっていることを。このように奇抜な振付、色彩豊かな音楽、そして独創的なステージマジックなどで構成されたバレエではキャロルのおどけた夢の世界が見事に実現されている。
※キャスト・スタッフは変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

1412_RBALICE02.jpg 1412_RBALICE03.jpg 1412_RBALICE04.jpg 1412_RBALICE05.jpg
1412_RBALICE06.jpg © Johan Persson / ROH(すべて)

Live Cinema Season 2014/15
全作品 19時から 1回のみ上映予定
2014年
『マノン』(バレエ) 10月17日(金)※終了
『二人のフォスカリ』(オペラ) 10月28日(火)※終了
『愛の妙薬』(オペラ) 11月27日(木)※終了

『不思議の国のアリス』(バレエ) 12月17日(水)
2015年

『アンドレア・シュニエ』(オペラ) 1月30日(金)
『さまよえるオランダ人』(オペラ) 2月25日(水)
『白鳥の湖』(バレエ) 3月18日(水)
『マハゴニー市の興亡』(オペラ) 4月2日(木)
『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』(バレエ) 5月6日(水)
『ラ・ボエーム』(オペラ) 6月11日(木)
『ウィリアム・テル』(オペラ) 7月6日(月)

●上映劇場: ティ・ジョイ劇場、他全国の劇場
※劇場により上映予定がない作品もございます。上映劇場の詳細は公式HPをご確認下さい。
チケット:3,500円(税込)
各公演一般販売: 各公演日の一週間前より劇場オンライン及び窓口にて販売
Lawson Ticketで回数券も販売: 3回回数券1種/9,000円(税込) <3,000円(税込)×3枚>
Lコード:34188
※『不思議の国のアリス』のチケットは一般販売は12月10日(水)より開始

詳しくは公式サイトまで: http://www.t-joy.net/roh_2014