ニュース

コンクールNews: 最新の記事

コンクールNews: 月別アーカイブ

針山 真実 
[2015.03.31]

4月10日より、YAGPニュ−ヨーク・ファイナルが開催!

ガラ公演ではデイヴィッド・ホールバーグのキャリアに影響を与えたバレエ団の作品が上演される

世界で最も大きなダンスネットワークと言われる【ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)】のニューヨーク・ファイナルまであと3週間を切りました。
全国25ヵ国から1204名のダンサーがニューヨークに集結し、そのうち71名が日本での予選を通過して参加の権利を得たダンサーです。

4月10日から14日まで "Skirball Center for Performing arts" でニューヨーク・ファイナル開催されます。部門は以下の通りです。

・プリ・コンペティティブ 9歳から11歳
・ジュニア(クラッシックとコンテンポラリー) 12歳から14歳
・シニア(クラッシックとコンテンポラリー) 15歳から19歳
・アンサンブル、そしてパ・ド・ドゥ部門。

コンクール期間中は全国の著名教師たちによるワークショップ、また世界のバレエ・スクールのスカラシップを受けるチャンスがあるオーディションクラスも開催されます。
そして4月15日には10日〜14日のジュニアとシニア部門から最終的に選ばれたダンサーたちによる、ニューヨーク・ファイナルの最終審査がリンカーンセンターの "David H. Koch Theater" で行われます。

4月16日はコンクールの受賞者たちとコンクール期間中に審査員らによって選ばれた作品、そしてこのコンクール出身者を含む現在世界でプロとして活躍しているゲストダンサーたちによるガラ公演、’Stars of Today Meet the Stars of Tomorrow' Gala が、リンカーンセンターの "David H. Koch Theater, Lincoln Center" で開催されます。
このガラの出演者には、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)を今シーズン限りで引退するパロマ・ヘレーラ、同じくABTのイザベラ・ボイルストン、このコンクールの出身者でもある英国ロイヤル・バレエのメリッサ・ハミルトン、同じく英国ロイヤル・バレエのエドワード ・ワトソン、マリインスキー・バレエのキム・キミン、同じくマリインスキー・バレエのサンダー・パリッシュ、そしてボリショイ・バレエのセミオン・チュージンとエカテリーナ・クリサノワなど、また世界初演の作品の数々も披露されるそうです。

_JBC_WW_academy101.jpg _JBC_WW_academy140.jpg
4月16日にジョフリー・バレエ団により上演されるアレックス・ケムネフ振付「Windy Sand」
photo/VAM Productions

最終日の4月17日には ABT、そしてボリショイ・バレエ団のプリンシパルダンサーとして世界的に活躍しているデイヴィッド・ホールバーグがプレゼンターとして開催される『レガシー』が、リンカーン・センターのDavid H. Koch Theaterで開催されます。
デイヴィッドがインスピレーション受け、彼自身のキャリアに影響を与えた世界のバレエ団の作品、そしてコンテンポラリー・ダンス作品を彼自身が紹介していきます。
出演するダンサーはマリインスキー・バレエ、ボリショイ・バレエ、オーストラリア・バレエ、東京バレエ、そしてデイヴィッド自身がキャリアをスタートさせたABTのスタジオ・カンパニーのメンバーも出演するそうです。
4月10日から17日のYAGPニューヨークファイナルの様子は、Dance Cubeでもレポートしますので、楽しみにしていてください。