ニュース

制作発表: 最新の記事

制作発表: 月別アーカイブ

 
[2006.10.10]

ユーミンソング・ミュージカル「ガールフレンズ」制作発表

 1972年にデビュー以来、常に第一線を走り続けているユーミンこと松任谷由実さん。彼女の曲だけを使った、世界で初めてのミュージカル「ガールフレンズ」がこの冬上演されることになりました。 著名なアーティストの曲だけで作られたミュージカルはこれまでにもありましたが、「ガールフレンズ」では出演者がひと言も台詞を語らず歌だけで物語が進行します。今回は松任谷さんの楽曲三百数十曲の中から32曲を選び、舞台を構成していきます。
作・演出は映画「私をスキーに連れてって」などを手がけてきた馬場康夫氏。この作品で初めてのミュージカル演出に挑戦します。今回の構想はなんと26年前 からあたためていらしたもので御自身が大のミュージカルファンであることからこの舞台を企画するに至ったそうです。
音楽監督は武部聡志氏。1983年より20年以上にわたり松任谷由実さんのコンサートツアーの音楽監督を担当し続けているそうですが、今回の企画では詩を優先にした構成のため音楽のつながりを見つけるのにご苦労されているとのこと。

出演は主人公真理子役に華原朋美さんと堀内敬子さんのダブルキャスト。裕子役を池田有希子さんが演じます。
華原さんは今回の「ガールフレンズ」にどのような気持ちでのぞまれていますか?という質問に 「女同士の恋のお話のなかで描かれる友情や強い気持ちを仲良く表現していけたらなと思っています。今回このような素晴らしい舞台に出演できることにものすごく責任を感じます。ユーミンファンの皆様に喜んでいただけるように笑顔で楽しく演じたいと思います。」 とお答え下さいました。
堀内さんはこのミュージカルの出演が決まってから初めてユーミンのコンサートに足を運ばれたそうです。御自身もユーミンファンとのことで、 「ユーミンの曲には「思い出」という言葉がぴったりだと思います。この曲を聴くとその時自分が何をしていたのか思い出せる曲がすごく多いと思います。今回は後ろに歌詞が出ると聞いていますので、ぜひ一字一句間違えずに歌いたいと思います。」とご挨拶下さいました。
逆に池田有希子さんはユーミンの曲はあまり知らなかったそうですが 「この年になりユーミンを初めて聞いたということが今までにない経験でした。 初めて聞いたのにどこか懐かしい楽曲で、 全ての曲に関して自分が感情移入できることに本当に驚きました。 この舞台に出演させていただくことにすごく感謝しています。がんばります」 と語って下さいました。

制作発表には音楽スーパーバイザーを務める松任谷正隆さんと作詞・作曲の松任谷由実さんからのビデオメッセージの放映もありました。
「打ち合わせは何年間にもわたって何度もしてきました。その間、僕も3度ほど降りようと思いました(苦笑)」(松任谷正隆さん)
「つくづく歌は「歌い手」のものではなく「受け手」のものだなあと思います。まして馬場さんのような才能と情熱が凄いある人には、独自のユーミンワールドがあるのだなと思います。そこを含めて私自身見るのが楽しみです。」(松任谷由実さん)
皆様のお話からこのミュージカルにかける意気込みがひしひしと伝わってくる制作発表でした。

セリフなしで、全てがユーミンの楽曲によって綴られるミュージカル。これまでにない画期的なスタイルのミュージカルを皆様もぜひ劇場で体験してみませんか?

ユーミンソング・ミュージカル「ガールフレンズ」

●12/1(金)~26(火)
●博品館劇場
●作詞・作曲=松任谷由実、作・演出=馬場康夫
●出演=華原朋美・堀内敬子(Wキャスト)、池田有希子
●8,400円(全席指定)
●開演時間=(華原朋美出演日)1・5・6・8・12・13・15・22・25・26日19:00、2・9・16・23日13:00と18:00、20日14:00と19:00
(堀内敬子出演日)3・10・17・24日14:00、7・14日14:00と19:00、19・21日19:00
●お問い合せ=博品館劇場 03-3571-1003 http://www.hakuhinkan.co.jp