ニュース

制作発表: 最新の記事

制作発表: 月別アーカイブ

関口 紘一 
[2012.05.28]

フランス生まれの人気ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』オリジナル版が来日!

2010年に宝塚歌劇団星組で初演し、翌年は雪組、さらに秋には日本オリジナル・ヴァージョンが上演されたフランス生まれのミュージカル『ロミオ&ジュリエット』。ジェラール・プレスギュルヴィックが作詞・作曲を担当した大ヒットミュージカルだ。今まで日本で上演された舞台はすべて小池修一郎が潤色・演出。日本オリジナル版では城田優、山崎育三郎が主演した。

1205rj01.jpg photo/taro

このミュージカルは、2001年にパリ、パレ・デ・コングレで初演して大ヒットし、種々の改訂を加えながら20数カ国で上演されている。今回はそのオリジナルのフランス語ヴァージョンを上演する。

5月21日、赤坂BLITZで行われたプレス・カンファレンスには、ロミオ役のシリル・ニコライ、ジュリエット役のジョイ・エステール、ベンヴォーリオ役のステファヌ・ネヴィル、マーキューシオ役のジョン・エイゼンが本番の衣裳を付けて姿を見せ、そしてヒットメーカー、ジェラール・プレスギュルヴィック、さらに日本語版でロミオに扮した城田優がオフィシャル・サポーターとして登場した。
まず、ロミオ=ニコライが「こんにちは、私の名前はシリル・ニコライです。ロミオを演じます」と堂々たる日本語で挨拶。3回目の来日というキャリアを見せた後、ジュリエット=エステールとともに2曲披露し、美しい見事な2重唱で愛の気高さを歌い上げた。続いてベンヴォーリオ=ネヴィル、マーキューシオ=エイゼン、城田優も加わってオリジナル・ソングを歌って、招待されたファンが熱いし視線を送る会場は大いに盛り上がった。

そして、司会を務めたTBSの出水麻衣アナウンサーも指摘していたが、作詞・作曲を担当したジェラール・プレスギュルヴィックはシブイ魅力を際立たせる紳士だった。彼は、人間の心は世界中同じ、という思いを強調し、『ロミオ&ジュリエット』をミュージカルにしようというアイディアは彼の妻が思いついた、曲のインスピレーションはどこにいても自然と湧き上がってくる、どうしてなのかは自分でもわからない、といったエピソードを気さくに語ってくれた。

ニコライは6年前にはベンヴォーリオを演じたこともある。またエステールはもう5年も前からジュリエットに扮している、という。ミュージカルの世界ツアーの場合は、それぞれの地域に向けてキャストを組まれることも多いが、今回の『ロミオ&ジュリエット』は、じっくりと演じ込んできた主要キャストによる上演なので、大いに期待したい。

1205rj02.jpg photo/taro 1205rj03.jpg photo/taro
1205rj04.jpg photo/taro 1205rj05.jpg photo/taro